ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/10

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年10月21日

前歯とうどん

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

マウスガードと「いきり」に思わぬ反応で嬉しいです。前歯を折ったあとのエピソードには事欠かない。大学3年で歯を折った時は1週間ほどは口の中の傷が痛くて熱いものなどが食べられなかった。しかし、口の中というのは傷の治りが早い。何針か縫ったのが、すぐに大丈夫になった。

さっそく、大好きなうどんを食べる。最初は一本食べて見た。うん、大丈夫。今度はガバっと口に入れる。さあ、かみ切ろうと思った瞬間、前歯の間から、シュルシュルっとうどんが出てきた。一人で爆笑した。

え〜っ。全部出るかよ〜。そっかぁ、うどんを食べるには前歯が必要なんやなぁ。しみじみである。これ一つとっても、歯は大事だ。だから、マウスガードしましょうね。

最近は、口に合わせてのオーダーメイドのものがあるので、しゃべることもできるし、それほど息も苦しくないようだ。NECの辻選手なんか、試合後もよくそのままコメントしてるもんね。それはやり過ぎ。

◎スーパー14は放送されますよ。
JSPORTSは頑張ります。ただし、12が14に増えると、単純計算で25試合増えるでしょう? それを全部やるのを
どうやってやるかで検討はされているようです。でも、大丈夫、基本的に放送してくれます。

◎見明さんから、届いた韓国ラグビーの国体の様子です。
【三星SDIとポハンが決勝に勝ち進む】
 韓国の第86回全国体育大会(国体)は、10月19日、ウルサン市にある三星SDIラグビー場で一般部、高校部それぞれ準決勝を行った。
 一般部では、韓国リーグでまさかの3位になった三星SDIが、キョンヒ大学を66対31で退けた。前半は29対12。また韓国リーグ2位の浦項(ポハン)鋼板は、高麗大学に後半、追い詰められたが32対25(前半22対11)で勝ち、決勝戦へ進んだ。
 一般部、準決勝、三星は点差では開いたが、所々で隙が見えた。前半開始早々、キョ
ンヒに攻め込まれゴール前スクラムから先制トライを奪われた。すぐに3トライを連続
で返して逆転、前半を29対12、三星5T2Gで折り返した。キョンヒは2T1G。後半に入ると30分までに5T3G1PGと得点を重ね63対12とリードした。しかしキョンヒ12番がボールを持ちインサイドライン沿いに一人で突破を図るとタックルが甘くなり、あっけなく2トライを12番に連続してとられた。終了間際も12番から展開されてトライされて試合を終えた。
・三星は合計10T5G1PG1DG。キョンヒ5T3G。

 三星・呉監督は「守備が甘かった」と渋い表情だった。三星の韓国代表を支える、パク・チャンミン(CTB)とカク・チョルン(WTB)は、共に怪我で観戦組みに入っていた。カクは右ひざ下の怪我と手術で復帰まで数ヶ月かかる見込み。

 もう一つの準決勝、ポハン対高麗は、ポハン5T2G1PG。高麗3T2G1PG。試合には5月の日韓線で高い評価を得た高麗主将、NO8・李光紋(イ・グァンモン)が出場した。試合後にイは、卒業後の進路について「尚武(サンム・韓国軍体育部隊)でプレーする。日本の社会人チームからオファーは来ていないが、来年に日本である日韓戦で日本のチーム関係者に見てもらいたい」と話した。

  • Line