ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/10

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年10月16日

客席でも解説

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日は、秩父宮ラグビー場に行った。三洋電機ワイルドナイツとサニックスブルースの試合である。久しぶりに解説の仕事無しでのんびり見た。と言いたいところだけど、専門学校で教えていた子と一緒に、ずっと解説しながら見ていた。うるさかったかも。

何か分からないことある? 
「分からないということが、分かりません」
そっかぁ、前提になること知らないんだもんなぁ。
とりあえず一から十までしゃべりまくった。
いつか試合見てるときに、一つでも思い出してくれたらいいな。

そうやって、しゃべりながら見ていたので感じたのだが、ラックが多かった。三洋がラックから次々にボールを出して攻めていた。前半の立ち上がりは、サニックスも集中力あるディフェンスをしていたけど、やたらとターンオーバーされていた。三洋の選手のボール奪取力が優れているのだが、結局、タックルが起きたあとの寄りが三洋のよほうが早かったということだ。サニックスは、ここを改善しないと、有効な攻撃ができない。

三洋は、石川、角濱、トンプソンなど、これまで先発のチャンスがなかった選手を出場させた。角濱が独走トライを決めるなど、層の厚さを見せつけたし、それぞれ力を出していたようにも見えたが、宮本監督は厳しかった。「もっとできるのにと不満でした」。防御を振り回してはいたが、相手をしっかり引きつけてピンポイントのパスを送るようなシーンでミスもあり、少し雑だったかもしれない。

しかし、これで10月22日の太田は、東芝府中との全勝対決になった。なんとこれ、今季のトップリーグで最後の全勝対決になる。秩父宮ラグビー場のスタンドには、東芝のコーチ陣や選手がたくさんやってきて三洋の動きを見ていた。太田の前売りチケットは売れ行きがよく、客席のキャパも少ないので超満員になりそうだ。

◎三洋電機ワイルドナイツ ○62-14● サニックスブルース

追記◎以前、ご質問にあった早稲田大学の五郎丸選手の特集は、以下の番組でした。

10月22日(土) JSPORTS2 17:30より
@ccess!! BOOMER #7の中のコーナーにて特集されます。:DREAMERS  vol.6
ナビゲーター:片平恵実/北未まい

この番組は、イベント、展示会、人物、ギア、スポーツ施設など、世の中のスポーツというものをあらゆる角度からとらえ、単にプレーしたり観戦することだけでない新しいスポーツへの接し方を提案。そして最新のグッズやJ SPORTSのおすすめ番組なども紹介していく幅広い意味でのスポーツ情報番組です。

N山さん、女子ラグビーの情報ありがとうございました。でも、16日は僕、瑞穂なんすよ。女子の試合も機会を見つけて行きますね。また、試合の予定、教えてください。

  • Line