ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/10

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年10月14日

お昼にフォー

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

木曜日昼間は打ち合わせで六本木に行った。ベトナム料理屋さんで「フォーボー(牛肉うどん)・ランチ」を食べる。旨かった〜。このお店、けっこう好きでよく利用している。軽く食べたいときには、フォーがいい。ベトナムコーヒーも好きなのだ。海外取材の時、ランチであっさりした美味しいモノを食べようとすると、けっこう探すハメになる。ベトナム料理はわりと便利だ。2003年W杯では、シドニーでもフォー食べたなぁ。というわけで、この日記は、レイザーラモンHGとは無関係です。

アンテナ男さん、きのうの「ラックについて」のサポートコメントありがとうございます。ルールを文章で説明するのは本当に難しいですね。スクラムでの再開される部分は、ちょっと端折ってしまっていました。助かりました。

13日の午後は、日本協会にて、IRB(国際ラグビーボード)の理事会で来日しているIRBのマイク・ミラー事務局長が会見。トップ10カ国と日本を含む第2グループ国の実力差を埋めるため、今後3年間で約90億円を第2グループ国(日本、アメリカ、カナダ、ルーマニア、トンガ、フィジー、サモア)の強化に充てることを表明している。
日本にも約2億円の支援をするとのこと。事務局長は「ラグビーが世界に広まるには日本が強くなる必要がある」と、スタッフをプロフェッショナルにすることが日本の課題のひとつとし、それがアジアのラグビーの発展につながると話した。

この会見の詳細は、25日発売のラグマガに掲載されます。

◎【ドライビング ミス デイジー】観ました。
池袋の芸術劇場にて。作=アルフレッド・ウーリー、訳・演出=丹野郁弓。劇団民藝と無名塾の公演で、奈良岡朋子さんと仲代達矢さんの豪華共演。なんとしても観たいと思っていた。凄かった。めちゃくちゃ感動した。72歳のユダヤ人の未亡人と、黒人運転手の不思議な友情が描かれるのだが、25年間の老いと友情を、ときにコミカルに演じたお二人の熟練の技に感服した。仲代さんのおどけた演技、意外だったけど良かった。背中で老いる切なさを感じさせるところ、かっこいい。僕はおばあちゃん子だったので、この手のものに弱い。祖母の老いとだぶるのだ。最後は奈良岡さんを抱きしめたくなった。いまは余韻に浸っている。客席は、僕の父母の世代がほとんどだったが、きっと、いいもの観たと思っているはずである。というわけで、相変わらずお芝居は無邪気に観ております。

  • Line