ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/10

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年10月29日

トップリーグ7節が始まる。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

Dr.0さん、釜石のことは忘れていませんよ〜。僕の高校時代は、早明戦と同志社、そして新日鐵釜石ですから。きょうも松尾雄治さんにお会いして、昔の話を聞きました。相変わらず明るくて、面白い。そして、当時の釜石の人々がいかに結束が固かったかも再認識しました。毎晩のようにチームメイトを家に呼んで食事をしていたとか。「チームってそんなもんだろう」と。

きのうの日記にTBくれた香梓さん。面白い反応ありがとう。香梓さんは、いろんな国でラグビーを見てるから、強行軍の観戦体験がいっぱいなんですね。ちょっと抜粋。
「…というわけで、村上さん。TV観戦派には嬉しいご提案、生観戦派にはカネと体力とを消耗させる結果になる恐れありです」
そうだよねぇ、移動可能となれば全部生観戦する人いるよね。金曜日は博多、翌日昼は花園で、夜瑞穂、翌日昼は秩父宮で、夜三ツ沢。そして中華街に繰り出すみたいな。これ、自分がそうなりそうで怖い。でも、想像するだけで楽しいなぁ。

さて、トップリーグ前半戦の最後、第7節が始まる。

僕は、JSPORTSでセコムとトヨタの試合を解説する。トヨタのアイイは先発。セコムは前節でNECと好勝負を繰り広げた。この試合も期待できる。僕が楽しみにしているのは、両チームのスーパーサブだ。トヨタのセコベと、セコムのリガイリ。接戦でこの2人が投入されるところを見てみたいなぁ。首位を走る三洋はリコーのチャレンジを受ける。三洋に敗れた東芝は再起を期してワールドとの対戦。サントリー対クボタも面白そうだし、三ツ沢も熱いね。30日の博多は、なんとサニックスのリザーブに岩渕健輔選手が入っている。やっと膝が試合に出られるまでに回復したんだね。彼も長らく怪我に苦しんでいたから、嬉しい。

しか〜し、今節最大の注目カードは、なんといっても神戸製鋼とNECだ。調子を上げてきた神戸と、いま一つブレイクできないNEC。今後の順位争いの上でも重要な一戦。NECはサウカワ、マーシュ、箕内の強力サードローでFW戦を制圧したい。しかし、神戸もウィリス、クリブと外国人選手をFWに2名並べて真っ向勝負。FBに八ツ橋も戻ってきた。強そうだ。ああ、生で見たかった。僕は同時刻にトヨタとセコムをしゃべっている。

ただし、僕は今季、かなりいい試合の解説に当たっている。神戸対トヨタ、三洋対東芝である。僕ら出演者はカードは選べないからね。この強運から行くと、セコムとトヨタも凄い試合になるかもしれないゾ〜。無理してる?

◎10/29(土)
三洋電機ワイルドナイツ対リコーブラックラムズ(12:00〜秩父宮 11:55〜JSPORTS3 生放送)
セコムラガッツ対トヨタ自動車ヴェルブリッツ(14:00〜秩父宮 第一試合に引き続き生放送)
サントリーサンゴリアス対クボタスピアーズ(12:00〜三ツ沢)
東芝府中ブレイブルーパス対ワールドファイティングブル(14:00〜三ツ沢)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ対NECグリーンロケッツ(14:00〜花園 13:55〜JSPORTS2 生放送)
◎10/30(日)
福岡サニックスブルース対ヤマハ発動機ジュビロ(13:00〜博多)

  • Line