ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/07

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年07月06日

トップリーグ日程発表

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

トップリーグの日程がやっと発表された。詳細は日本協会のHPにて。
開幕は、9月17日、秩父宮では東芝府中ブレイブルーパス対神戸製鋼コベルコスティーラーズ、クボタスピアーズ対ヤマハ発動機ジュビロが行われ、同日の花園ラグビー場では、トヨタ自動車ヴェルブリッツ対サントリーサンゴリアスという好カードだ。ちなみに、JSPORTSは、開幕節全試合を放送する。

東芝府中は、去年の開幕節で神戸製鋼に敗れたあと連勝街道を突き進んだ。昨年トップリーグに忘れたものがあるとしたら、神戸製鋼戦の勝利だろう。壮絶な試合になりそう。優勝候補の一角であるヤマハ発動機とトヨタ自動車がどんなスタートを切るかも楽しみだ。クボタのジョー・ロフや、ヤマハのブニンバカなど、新加入の外国人選手の動きも目が離せない。待ち遠しいなぁ。

ところで、数日前のコメントで「菅平の楽しみ方」についての質問があった。最近は社会人チームが北海道や海外へ出かけるので、いまの菅平は大学ラグビーを見るのが面白くなっている。8月21日には早稲田と関東学院の試合が行われる。8月の後半は強豪チームが練習試合のために合宿しているので、いい試合がたくさんある。試合予定は、7月25日発売のラグマガに掲載されるし、各チームのHPなどで確認を。午前中は練習を見て、午後から試合を観戦するのがスタンダードな見方。ただし、夏合宿の結果がシーズンの結果には直結しないので、あくまでチーム作りの過程を観察するのが大事っす。抜擢された若手選手がそのままレギュラー定着なんてことに遭遇するかもしれないしね。

◎ライオンズNZ遠征現地情報
ラグマガ編集部の森本優子さんが取材に行っているのだが、現地情報をメールで送ってくれたので、割愛して紹介したい。
【オークランドの試合を見てきました。試合は17-13でライオンズ辛勝。オークランドも頑張ったけど、ブレイクダウンの激しさ、いやらしさはオールブラックスとは全然違いました。ライオンズはいわゆる「隙間(すきま)さんチーム」。ライオンズは完全に「ミッドウイークチーム」と「テストチーム」と2チーム別扱いで、試合後の会見に出席したのもマギーカン氏。記者も「ミッドウイークチームは…」と質問していました。
 これでミッドウイークチームは今遠征、全勝達成です。オールブラックスと比べると、相手と力の差はかなりあるし、この1 試合だけの印象で括ってしまうのは早計だけど、TVで見たテストのチームより、チームとしての約束事がしっかりありました。
 会見では「練習も別じゃないのか」、「ウッドワードとコミュニケーションはとってるのか」と質問がとんだけど、そこはマギーカン、大人でした。試合は「ファンタスティック!」というより、「基本ができてるなあ」という印象のほうが強かったです。たとえば、タックルを受けた際の身のこなしとか、まっすぐ走ってボールをもらうとか(当たり前だけど)、「危ない!」というときに自分の身体を差し入れる判断の速さ。そういう、ひとつひとつに、唸らされました。
 たとえば前半22分、ライオンズ3-0とリードで、オークランドのPRアフォアが肉眼ではトライしたかに見えたけど、ビデオレフ。確認してみると、SHドーソンがタックルに行って、腕をアフォアのボールの下に差し入れている。それでグラウンディングならず。そういう咄嗟の動作に(日本とは)絶対的な差があると感じました】

【ちょうどスタジアムに入ったとき、試合を観戦に来た「生」オドリスコルを目にする幸運に浴したのですが、め〜〜〜っちゃくちゃカッコよかった!いわゆる「旬」の人だけが持つ、圧倒的なオーラを発していました】

追記◎軍曹さんへ。慶應のCTB林さんは別人です。林雅人さんは僕より、2年上かな?
もう一つあった。神戸製鋼のTシャツ当たりました! これ、まったくズルなしで応募して当たったんですよ。選手も応募するというので僕も参加したのですが、11番という、いい番号で恐縮です。10日はそれ着て神戸行きます。

  • Line