ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/06

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2005年06月14日

ライオンズ&NZ情報

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

今朝書いた日記で、またまたジャパンの戦いについて書いてしまったけど、しつこかったです。自分で読み返して嫌な感じになったので、明日書くつもりだった海外ラグビーのことをアップしますね。もっと早くしたかったけど、ココログがメンテナンス中でした。ジャパンの選手達も前向きに次を見ているはずだし、僕も気持ちを切り替えないといけないですね。

◎ジョニーくん、先発出場
現在、NZ遠征中のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズは、15日にウエリントン代表と対戦するのだが、待望のジョニー・ウィルキンソンが先発で出場する。CTBはオドリスコルとヘンソン。WTBにジェイソン・ロビンソンが入る。FW第三列は、イングランドのコリーがNO8、ベテランのニール・バック、そしてアイルランド代表で来日予定だった、サイモン・イースタービーが両FLだ。LOは、グリューコクとベン・ケイのイングランド代表コンビ。これって、必勝態勢だよなぁ。予定通りなのかもしれないけど、NZマオリに負けてしまって、連敗は許されないからね。ウエリントンは、スーパー12で活躍したゴッパースがSO。ジョニー君との対決が楽しみ、だけど、放送ないのが残念。

◎レオン、NZ代表スコッド入り
ライオンズと3つのテストマッチを戦う予定のNZ代表オールブラックスのスコッド26名が12日に発表された。NZマオリのメンバーとしてライオンズからトライをあげたFBレオン・マクドナルドも入っている。ヤマハ発動機で活躍した選手だし、嬉しいね。NZマオリでのプレーは見事だった。マクドナルドは、相手とコンタクトした後の身のこなしが抜群に上手い。捕まっても確実にボールを出す。181㎝、96㎏と、体格的にはそれほど大きくないし、スピードもNZ代表BKのなかでは早くないけど、あの安定感は素晴らしい。同じように安定感あるミルス・ムリアイナとのポジション争いになる。

スーパー12で絶好調だったSHマーシャルも入った。海外移籍が決まっている選手では唯一の選出で、スペンサーやマーテンズは落選。SOは基本的にダニエル・カーター一本でいく感じだ。もしカーターが怪我をすれば、アーロン・メイジャーがSOに入るだろう。スーパー12のトライ王となったリコ・ギアも選ばれている。キャプテンのタナ・ウマンガはじめ、メンバーは納得できるものなんだけど、クルセイダーズのルーベン・ソーンや、ブルーズの快足WTBロコゾコらが落選しているのは、なんとも層が厚い。ちなみに、ロコゾコは、ジュニア・オールブラックスのスコッドに入り、オーストラリアに遠征する。ここには、マカリスターやニック・エヴァンスなど期待の若手が多数含まれている。

◎NECのヤコも先発
週末にフランスと試合がある南アフリカ代表の先発メンバーも発表された。NECグリーンロケッツのヤコ・ファンデルヴェストハイゼンは、SOとして先発出場。スーパー12で大活躍したWTBハバナらをどうコントロールするか見物。JSPORTSでは、6月25日の第2テストマッチを放送する。できれば、そのままのメンバーで行って欲しいなぁ。これ、解説しますのでよろしく。

  • Line