ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/06

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2005年06月08日

ロムー復活!

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

tsutsuji

庭のツツジが咲いていたのに気付かなかった。可愛い色でしょ、これ。

きのうのコメントに淵上選手についての質問があったけど、今も、向井昭吾監督の下、コカコーラ・ウエストジャパンに所属していますよ。今年は、元日本代表のアンドリュー・マコーミックがスポットのBKコーチとして、頻繁に来日することになっているので、どう変化するかも楽しみ。九州電力には、先日までスーパー12のワラタスで活躍していたナイサン・グレイもやってくる。この2チームはトップリーグ入りを目指し、すでに昇格を決めたサニックスも含めて、強くなってくれると、九州のラグビーが盛り上がってくるんだけどね。期待してます。

ところで、「チロ」さんのコメントにあった通り、きのうは、世界のニュースを書いたのに、ロムーの復活が抜けていた。失礼しました。

僕は昨年6月にNZに行ったとき、オークランドでロムーに遭遇した(って本物の怪物じゃないんだから)。オールブラックスのホテルに来ていたんだけど、かなり太っていたので、ほんとに復帰できるのか心配だった。腎臓の移植手術が成功し、6月4日にはロンドンで行われた「ジョンソン・フィフティーン対ロムー・フィフティーン」戦で復活。元イングランド代表のLOマーティン・ジョンソンの引退試合も兼ねたチャリティーマッチだったのだけれど、約2年ぶりに雄姿を見せ、前半33分にはトライもした。僕は見ていないけど、豪快な走りっぷりだったみたい。本人も「これは夢の始まり」ってコメントしたようで、もちろんNZ代表復帰も視野に入っているよね。

ロムーは、先日、トヨタ自動車と戦ったノースハーバーと2年契約していて、次は、8月から始まるNPC(NZ国内地区代表選手権)出場を目指す。もう30歳だけど、フィットネスが戻れば大丈夫。まずはNPC、そして来年のスーパー14に出場、そしてオールブラックス復帰と行くのがベストのシナリオ。もちろん、NPCで爆発的な活躍をすれば、11月の英国遠征にいきなりの参加もある。朗報を待とう。

ライオンズのNZ遠征で右足首の怪我をしたNO8ダラーリオだが、復帰には、今年の10月くらいまでかかるようだ。僕は今年のプレミアシップの決勝で、獅子奮迅の活躍をしたダラーリオに惚れ直した。圧倒的な存在感だった。プレミア4連覇を目指すロンドン・ワスプスの軸として、また活躍してくれるだろう。

ちなみに、ダラーリオの代役として、来日メンバーだったアイルランド代表のイースタービーが呼ばれたんだけど、イギリスから行くより日本から行くほうが距離も近いし、今後もライオンズに負傷者が出た場合、来日中のアイルランド代表から呼ばれることがあるかもしれない。これって、アイルランドのモチベーションが高くなる話だなぁ。

◎追記・「チケットぴあ/ラグビー」のサイトに、アイルランド戦の見どころや、他の試合のチケット情報などが掲載されています。僕がweeklyぴあに書いた記事が載ってます。のぞいて見てください。

  • Line