ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/06

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年06月07日

残念。女子日本代表

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

きのう書いた『よろしく哀愁』の話は、僕の周辺ではかなり反響があったのだが、やはり世代が同じじゃないと無理だよね。いなかっぺ大将を、天童よしみが歌っていたことも、知っている人は少ないんだろうな。

まあ、そんなことはどうでもいい。週末から月曜日にかけて、ラグビー関係でいろんなプレスリリースが流れてきた。海外情報とあわせて整理しておきたい。

◇日本代表、アイルランド戦に向けて神戸で始動
6月5日に集合して、12日のテストマッチに向け、ワールド・ファイティングブルのグラウンドで調整。怪我の小野澤選手は不参加。19日は出場できる見込み。

◇残念。女子日本代表
2006年カナダのエドモントンにて開催される「女子ラグビーワールドカップ・アジア地区予選」のためタイ・スパンブリーに遠征していた女子日本代表は、香港代表には78-0で勝ったものの、カザフスタンに3-19で敗れ、本大会への出場権獲得はならなかった。惜しい。でも、これからも日本の女子ラグビーは続いていく。前向きに行きましょう。

◇ミラーが帰ってきた
元神戸製鋼、日本代表で活躍したアンドリュー・ミラーが、NTTドコモ関西ラグビー部入りすることが発表された。

◇ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ白星スタート
6月5日の第1戦ベイ・オブ・プレンティ相手に34-20の勝利。SOはオガーラ、両CTBはオドリスコル、ヘンソン。ウィルコは出場せず。FBルーシーが2トライ。しかし、この試合でNO8ダラーリオが足首を負傷。急きょ、アイルランド代表で来日メンバーだったサイモン・イースタービーが呼び寄せられた。これにより、日本ツアーは、アラン・クィンラン(191㎝、100㎏、30歳、キャップ21)が参加することになった。

◇アメリカ代表、ウエールズ代表に完敗
スーパーカップを終えた直後のアメリカ代表は、6月4日、ウエールズ代表と対戦。ウエールズは、ライオンズのNZ遠征に10名が参加していたが、6か国対抗を制したと同じボールを動かすラグビーで77-3とアメリカを圧倒した。スーパーカップとほぼ同じメンバーのアメリカ代表の実力は日本と似通っている。主力10名が抜けたウエールズと12名が抜けたアイルランドも同レベルだ。日本代表も心してかからないと、アメリカ代表の二の舞になる。守りに入ったら大敗する。攻めてもらいたい。

◇オールブラックスはトライアルマッチを経て、3名の初キャップ選手を起用
6月10日にフィジーと戦うオールブラックスのメンバーが発表されたが、HOウィットコム、LOライアン、WTBシヴィバトゥがテストマッチ初出場となる。SHはケラハー、SOはカーター。ジャスティン・マーシャルもリザーブに入っている。ライオンズと戦うメンバーがどうなるか。この試合のパフォーマンスも重要だ。

◎ミリオンダラー・ベイビー見ました
クリント・イーストウッドの映画作りには無駄がない。セリフもいちいち良くって感心した。感動したけど、僕の好きなタイプのストーリーではなかった。前にもイーストウッドの『許されざる者』という映画を見終わったあと、席から立ち上がれなくなった。イーストウッドは僕には重いのだ。でも見てしまうんだよな〜。さて、これから原作読もう。
はまってまんがな。

  • Line