ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/06

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2005年06月19日

廣瀬選手と昔話

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

hirose

廣瀬佳司選手にインタビューしました。

hirosekick

試合前日のプレースキック練習。なかなかのショットでしょ?

午前10時より秩父宮ラグビー場で行われたジャパンの試合前日練習を見て、いいパフォーマンスを見せてくれそうな雰囲気を感じた。選手の表情に集中力があった。
「第1テストマッチで、自信を持って行けるという手応えを得た。明日は果敢にトライをとることにこだわりたい」(箕内キャプテン)
今回は、中盤からでも果敢に仕掛けていくジャパンの攻撃が見られそうだ。

先発が決まったSO廣瀬選手は、39個目のキャップと同時に、テストマッチ記録400点の大台越えを目指す。もちろん日本ラグビー史上最多記録更新だ。あと5点だから、間違いないかな?
「ちょっと緊張しています」
というのは、ナーバスになっているのではなく、第1テストマッチを見て、アイルランドの防御が堅いため、さて、どうやって突破しようかという思案と、久しぶりの代表戦への期待感が相まってのことのようだ。

今回のインタビューは、W杯招致ホームページの7月下旬あたりに掲載されるモノ。これから日本代表選手が続いていくのでお楽しみに。W杯の思い出を軸に語ってもらったのだが、話は廣瀬選手の少年時代に及んだ。廣瀬選手は、7歳のとき、大阪の茨木ラグビースクールで楕円球の世界に足を踏み入れている。自宅が大阪体育大学の近くにあったため、小・中学生の頃は、大体大の練習や試合をよく見ていたそうだ。

「あるとき、盛田さん(のちに三洋電機LOとして活躍)が、『きみ、よく来てるなぁ。こっちおいで』と言って、サインボールをくれたんです。《男にはやらねばならぬ時がある》と、大体大の茶色の皮ボールに書いて、みんなに回してくれました。稲田さん(SO、のちに23歳以下日本代表キャプテン)や、坂田先生のサインもありました」

「あれ? それって僕の世代やね」
「村上さんのサインはありませんでした」
「え〜、なんでやろ〜」

 実は、廣瀬選手が少年時代に大体大グラウンドによく来ていた話は聞いたことがあった。本人とその話をゆっくりするのは初めてだった。なんで、僕はそこにいなかったんだろう。そういえば、よく来てる少年、いたなぁ。廣瀬選手は、昔の大体大の試合のことをよく覚えていた。で、なんで京産大行ったわけ? まあ、野暮な追及はやめましょう。

 廣瀬選手は、日本代表になってから前述の稲田選手に偶然出会って「頑張れよ」と言われたことを、少年のような笑顔で語ってくれた。世界的な選手になった今も、少年時代の憧れを忘れていない。だからこそ、いつまでも向上心をもってラグビーに取り組めるんだろうね。活躍を祈ります。

追記◎チロさんの質問で、ニューカッスルの試合をJSPORTSでやるかどうかは、今のところ未定です。

  • Line