ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/06

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2005年06月18日

廣瀬佳司、先発出場

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

萩本ジャパンは、金曜日朝のミーティングで、19日のメンバーを選手に告げた。SOには多くのファンが待望した廣瀬佳司が入った。

◎6月19日 アイルランド代表戦 日本代表メンバー
1高木、2中林、3山村、4木曽、5熊谷、6マキリ、7浅野、8箕内、9村田、10廣瀬、11小野澤、12元木、13パーキンソン、14大畑、15立川、16塚越、17笠井、18中居、19伊藤、20後藤、21冨岡、22五郎丸

LOワシントンは膝、PR高橋は肩を痛め、欠場する。ワシントンについては、ラインアウトリーダーでもあり、密集戦での仕事量も含めて痛いが、第1テストマッチでは、ラインアウトで徹底的にマークされていた。高いボールに強い木曽の加入は、アイルランドを攪乱できるかもしれない。スクラムも、ユニット重視で、ヤマハ発動機ジュビロのFW第1列となった。「最初のヒットさえうまく行けばなんとかなる相手」(山村)と力強い言葉も。

廣瀬の起用について、箕内キャプテンはこう言う。
「森田が悪いわけではないのですが、廣瀬さんとコンビネーションを合わせて、ラインのコントロールの上手さを感じました。第1テストでは、パントキックの選択は悪いとは思わなかったが、精度が低かった。廣瀬さんには、そのあたりも期待しています」
つまり、防御背後へのキック選択が悪いのではなく、そのキックに周囲が反応できたか、また正確に蹴ることができたかには疑問が残るということだ。

いずれにしても、陣地を取るだけではトライは取れない。もっと中盤から攻めないとチャンスをつかめないことは確かで、今回のジャパンは果敢に仕掛けてくれそうだ。もちろん、廣瀬選手と言えば世界でも有数のプレースキッカー。相手の反則を誘えば、着実に3点を加えることになるだろう。見る側にとっては、楽しみが増えたわけだ。

金曜日は、W杯招致ホームページの取材で、箕内キャプテン、木曽一選手、山村亮選手にW杯についてインタビューした。3人とも「W杯には特別な何かがある」と語り、試合前の緊張感など、とても興味深い話だった。これから7月下旬にかけて順次アップされるので、お楽しみに。

◎取材こぼれ話
3人のインタビューは、ジャパンが宿泊するホテルで行われたが、喫茶店で、冨岡選手と大野選手がケーキを食べていた。腕の筋肉ムキムキの冨岡選手に「これ食べた方がいいですよ」と勧められたが、僕は食べませんでした。実はケーキは大好きなんだけどね。取材しながら食べるのもねえ。しかし、二人は妙に仲が良さそうだったなぁ。

◎愛好情報
19日の試合当日は、W杯招致の署名活動に日本代表選手が参加します。12時〜13時。メインゲートを入ったあたりで。辻、大野、ワシントン、水野、森田らメンバー外の選手が、署名をした人にサインをしてくれる。そして、13時からは青島健太さん進行、平尾誠二さん、武田修宏さんによるトークショーがグラウンドで行われる。こちらもお楽しみに。

  • Line