ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/05

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2005年05月16日

韓国に学んだ試合

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

poster

ソウルから高速道路を車で飛ばして2時間半から3時間。江原道(カンウォンドゥ)のヨンウォルの街中には、試合を告げるポスターや横断幕が、あちらこちらに貼られていた。これは競技場にあったポスター。

fan

marchinng

気温は25度くらい。地元の中学、高校の子供たちが詰めかけて韓国代表に盛んに声援を送っていた。観客は3,000人弱くらいかな。なかにはジャパンのジャージーを着ている日本の方もいた。地元女子高校のマーチングバンドも大歓声を浴びていた。

match

竹島問題もあって、スタンドを20m間隔で警察官が取り巻いていた。実はこの試合は、当初、仁川(インチョン)で行われることになっていたが、竹島問題で、市は試合の開催を拒否。ヨンウォルが受け入れた経緯がある。

さて、試合の流れを振り返りたい。ちょっと長いっす。試合に直接関係ない「こぼれ話」は明日にしますね。先に実感を書いておくと、もし、同じ内容の試合を秩父宮ラグビー場でやっていたら、試合後、日本のファンの温かい拍手が韓国代表に送られていただろう。それくらい韓国のプレーは小気味よく、相手国の関係者さえ胸を打つものだった。ジャパンが目指すべき、低いタックル、ターンオーバーからの速攻、PKからの速攻、BKの華麗なパスワーク、急角度でコースを変えるステップワーク。身長はないが、ラインアウトも工夫し、すべてに機敏だった。日本は完全に受けに回ってしまっていた。

5月15日、午後3時(正確には3分ほど前だった)、日本SO森田のキックオフ。
韓国のタッチキックで得たラインアウトから日本が攻めるも、HB団でミスが起こる。SHイ・ミョンクンはじめ韓国のプレッシャーがすさまじい。この後の日本ボールスクラムでもSH村田、森田のところでミスが起きて、苦しい体勢からのFB立川のタッチキックはチャージされた。猛然と前に飛び出してくる出足に日本は浮き足立っていた。

8分、韓国SOオ・ユンヒョンが先制PG。11分には、日本が韓国陣22mライン内に攻め込んだラインアウトでミスが起こり、韓国バックスに80mつながれてしまう。スコアは、0-10。韓国サポーターの歓声が一段と高まる。

ただし、韓国はモールを崩したり、ラックへ横から入るオフサイドなど、反則が多い。日本は森田がタッチキックで陣地を稼ぎ、16分には、ゴール前5mのスクラムからこぼれたボールをFLマキリが押さえて、7-10。22分には森田のPGで10-10の同点に追いつく。以降は、日本が攻め、韓国が低いタックルで食い止めるシーンが続いた。29分、連続攻撃で韓国陣に入った日本が激しいタックルにボールをこぼす。これを拾った韓国BKが瞬時にパスを回す。最後はWTBチャン・チョンマンがトライ。SOオのゴールも決まって、10-17。

ようやく日本がつなぎのいいトライをあげたのは前半36分だった。韓国陣に5mほど入った左タッチライン際のラインアウトから右オープン展開。箕内、元木が抜け出し、ラックからさらに右へ展開して、村田、森田、カトニ、立川と渡って右中間トライ。森田のゴールも決まって17-17。前半終了間際には自陣22mライン付近のスクラムから箕内のサイドアタックで左へ展開。森田から立川、小野澤で大きくゲインし、サポートした大畑が自らのパントをインゴール左隅でギリギリ押さえ、ゴールも決まって24-17とようやく逆転に成功した。

後半も先にとったのは韓国だった。日本陣内に僅かに入った右タッチラインのラインアウトからの展開で、最後はCTBキム・チョンスーが抜け出し、3人のタックルを次々に振り切ってトライ。観客席から「ジャパン、タックルしろ!」の罵声が飛ぶ。24-24の同点。

11分、日本は、FL浅野に代えてオライリーを投入。これが流れを変えるきっかけとなる。オライリーの力強い突進が日本の勢いを出し始めたからだ。

圧巻だったのは、18分の韓国SHイ・ミョンオクのトライ。日本が韓国陣22mラインあたりまで攻め込んだところで日本が反則を取られ、韓国のFK(フリーキック)、すかさず韓国はタップキックからボールを展開し、鋭角的なステップでタックラーを翻弄しながら大きくゲイン。インゴールに向けたパントキックをイが押さえた。見事な速攻で観衆は大いに沸いた。24-31。

21分、日本は、相手ゴール前のラインアウトからLOワシントンがゴール直前まで迫り、ラックからの展開でCTBカトニがトライ。31-31。

23分、韓国陣10mライン中央のスクラムから日本が右に展開。FB立川がライン参加を見せるも、韓国NO8イ・グァンムンが腹部に突き刺さり、立川が仰向けに倒される。このNO8は、運動量、タックルの強さ、抜群に素晴らしかった。187㎝、100㎏。日本でのプレーを希望しているという。

30分、韓国に痛いラインアウトでのミス。このボールを日本が奪ってつなぎ、途中出場のWTB水野が快走。FWの近場を崩して、最後はオライリーがトライ。39分にも、韓国ゴール前のラインアウトからモールを押し込んで、オライリーが連続トライ。終了間際にも、マキリのパントを大畑がインゴールで押さえて、50-31と日本が勝利した。

前半終了間際のトライは苦しむ日本にとっては大きかった。大畑の決定力。冷静にボールを前に運んだ箕内、元木の安定感。ワシントン、マキリ、オライリーの外国人選手たちの地力が、なんとか日本を勝利に導いた。レフリング(香港協会Blair Collier氏)は概ね問題ないように感じたが、スクラムについて、組む直前の両者の距離を盛んに注意するなど、やや細かすぎる印象。試合が止まってしまう時間が多かった。森田とオの両国プレースキッカーの高い成功率は試合の緊張感をより高めた。

韓国側から見れば大興奮。日本側から見れば、ハラハラドキドキ、手に汗握りっぱなしの試合だった。箕内キャプテンも複雑な表情を浮かべていた。
「きょうはできるだけラックを作らず、立ってつなごうとしたが、韓国の低く足首に刺さってくるタックルに継続を寸断されてしまった。早めに切り替えてラックゲームにすれば良かったのですが」。これは萩本監督も言っていたのだが、厳しいタックルで思い通りのプレーができなくなって、逆にムキになって無理に前に出てよけいにタックルされるという悪循環。いつも韓国に苦戦するパターンに陥ってしまっていた。それでも、悪い流れをなんとか断ち切って勝ったことは評価できる。ラインアウトの安定、ドライビングモールの結束も良かった点だ。

「僕たちが世界に対してやらなきゃいけないことを、韓国にやられました。いい勉強になりました。韓国はシンプルなんですよね。タックルと、ボールを奪ってからの速攻に絞っている。コンタクトも強かったです。彼らから学んだことを次に生かしたいです」。箕内キャプテンの言葉通り、スーパーカップはタックルからの速攻を仕掛け、連覇を果たしてもらいたい。いまはフランス流を習得する過程の産みの苦しみなのかもしれないが、華麗な展開の前に、しつこい防御と、プレーの激しさを失ってしまってはルーマニアに勝つことはできない。

日本代表の戦いぶりで、どうしても気になったのは、PK、ターンオーバーからの相手の速攻に対する反応の悪さ。逆に攻撃面でのミスの多さ、PKなどからの速攻の少なさだ。つまり、ゲーム運びがゆったりしているのである。チームとして攻守に素早い反応を意識づけてほしい。また、たび重なったタックルミスも、個人の問題とせず、チームとしての約束事を徹底して、厳しいチーム作りをしてもらいたい。攻守の表裏一体は萩本ジャパンの目指すところでもあるはずだ。

うわっ、めちゃくちゃ長くなっちゃたよ〜。テレビ放送もないから、いいよね。少しは感じをつかんでもらえたでしょうか? まあ、こういう苦しい試合は必要だと思う。課題がたくさん出たから。

現地では、競技場に電話回線などないと思われたのだが、韓国協会が日本からの記者のために回線を数本準備してくれていた(韓国の新聞記者はゼロ)。ありがたかった。明日の日記では、韓国のラグビー事情を、少し紹介したい。

◎帰国直後の、ちょっとした出来事。
空港で携帯メールを調べたら、友人から数本のメッセージが。すぐに「いま、かえってきた」と入力して変換したが、漢字に変換されない。うん? よく見ると、「いま、けえってきた」になっていた。疲れてるのかなぁ。日本と韓国に時差はないんだけど。

  • Line