ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/04

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2005年04月27日

日本代表、帰国

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

 きのうは一日中、外で仕事していたのだが、兵庫県尼崎市のJR福知山線での事故が、ずっと気になっていた。僕は京都で生まれ育ったので、行き先が同志社前だったことで事故を身近に感じるのかもしれない。自分の家族や友人が…と思うと、やりきれない。亡くなった方々のご冥福を心よりお祈りします。また怪我をされた方々にお見舞い申し上げます。

◎日本代表、南米遠征より帰国

 26日早朝、日本代表が帰国した。フランクフルト経由で、約25時間のフライトということもあって、スタッフ、選手ともに長旅の疲れが見えた。僕も成田空港に行ってきた。箕内キャプテンのコメントに少しほっとした。
「結果は出なかったんですけど、去年の春より、いいスタートが切れていると思います。ラックが減っているのは確かです」
 つまり、フランスで学んだ、タックルされながらのパスや、タックルされる前にパスをつなぐことができ始めているということのようだ。それがアルゼンチン相手にある程度できたことが手応えにつながっているとのこと。
「次は、アイルランドにどこまでやれるか。そこまでの試合はできて当たり前という感覚があります」
 今春は、あと6テストマッチがある。遠征の成果を見せながら、結果を出すことを期待したい。
 
cris
ところで、きのうは日本代表のテストマッチ最年少出場記録を作ったクリスチャン・ロアマヌ選手(写真=名前、逆になったのね)にも短いインタビューをした。この内容は、5月6日発売の、スポーツ・ヤア!に掲載される予定だ。ディフェンスがよくないという自分の課題もしっかり分かっているし、意識は非常に高いと感じた。「社会人でも日本でプレーしたい」と言っていたし、試合経験を重ねて大きく育ってもらいたい。ちなみに、名前の並びは今が正しい。フルネームは、クリスチャン・エスティモアダリル・ロアマヌ。高校時代のニックネームは「モア」。ジャパンでは、小野澤くんが、「クリスティーナ」と命名したが、「クリス」とか「クリちゃん」と呼ばれることが多いようだ。

  • Line