ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/04

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2005年04月20日

「勝負する」

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

きのうは、スーパー12のブルズ対レッズ戦を解説した(20日、22:00〜JSPORTS3で初回放送)。南ア勢は、いつもスーパー12では振るわないけど、ブルズが凄くなってきた。攻めまくる。一人一人が勝負するんだよね。

スポーツには、それぞれ独特の業界用語がある。ラグビーなら「裏に出る」、「顔を出す」とかね。これ、分かりますか? 業界用語の解説はおもしろいので、小出しにするね。ちなみに「裏に出る」は、ディフェンスラインを突破すること。「顔を出す」は、突破した選手のところにサポートに出てくる感じ。これはちょっと説明しにくい。

「勝負する」っていうのは、ラグビーでは、ボール持った選手がディフェンダーを自分でかわしたり、吹っ飛ばしたりすることを言う。つまり、一対一の勝負を仕掛けろってことだね。もちろん、一般的に試合で勝負することにも使うけれど。

かなり前だけど、元の大東大監督の鏡さんと試合を見ていたとき、「詰まったときに思い切って前に出る選手はいいよね」って言ってた。ディフェンダー数名に囲まれると立ちすくむのは、本能的なことかもしれないけど、相手が何人いようが思い切ってスピードをつけてぶつかっていける選手は、間違いなくいい選手。これ、僕のいい選手を見るときの一つの条件である。箕内選手あたりは、この点素晴らしい。全員が常に相手と勝負するチームは、見ていてアグレッシブで面白い。日本でも、そんなチームにたくさん出てきてもらいたいな。

ジャパンの情報は、また現地からのメールがあり次第、アップしますね。

  • Line