ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/04

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年04月17日

ウルグアイ戦直前情報

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

僕は諸事情あって、南米遠征に行けなかったが、今回、日本のジャーナリストとしては数少ない取材者となっているスポーツライターの大友信彦さんからメールが届いた。日本から行っているのは、大友さんだけのはず。ウルグアイからの貴重な情報をご本人の許可を得たので、お伝えしたい。これは、日記というより『愛好速報』だけど、量が多くなるので日記のカテゴリーで書きますね。大友さん、さすがに熱いなぁ。ありがたいね。

大友さんの貴重なレポートは、トーチュウ(東京中日スポーツ)、ラグマガ(4月25日発売)とナンバー(5月6日発売)に掲載される予定。そちらもみなさん是非読んでください。このブログには、最新情報を大友さんのメールの要約で掲載させてもらいます。

ウルグアイとのテストマッチは、日本時間の17日午前4時。大友さんによると、日本選手のモチベーションは高く、調子もいいようだ。
 
以下は、大友さんが現地で入手したウルグアイの先発予定メンバー。
1* Diego LAMELAS
2* Juan Andres PEREZ
3 Federico CAPO
4* Juan Miguel ALVAREZ
5* Juan ALZUETA
6 Alfredo GIURIA
7* Nicolas GRILLE
8* Ignacio CONTI
9* Juan CAMPOMAR
10* Diego AGUIRRE
11* Carlos BALDASARRI
12 Hilario CANESSA
13* Joaquin PASTORE
14 Ivo DUBONJIC
15 Agustin Perez DelCASTILLO
*は2003年W杯メンバー。W杯主将だったアギーレ兄がSOで出場。SHもW杯組のカンポマール。

以下、メールの要約。
《日本代表は試合前日の15日、午前10時半から1時間足らずプレーの確認を行いテストマッチに備えました。箕内が声を出しながら練習を進める様子はまさしくキャプテンズ・ランという風格が漂っていました。欧州遠征への雪辱に向けた執念を強く感じます。日本選手の体調もよさそうです。史上最年少キャップの記録を73年ぶりに塗り替えるWTBクリスチャンは、痛めていた足首もフランス合宿中に治ったようです。37歳で最年長キャップ記録を更新する村田亙もいい動きをしていました。
 あすの試合会場は「荒天の場合変更があります」とされていましたが、果たして昨夜は大雨。きょう練習したOLD CHRISTIAN CLUB のグラウンドも、スパイクが水に浸かるほどグショグショでした。15日正午の時点では予定通り、市街地からも近いESTADIO(PARQUE)LUIS FRANZINIで行われるとされています。もしも変更となれば、ジャパンがきょう練習したOLD CHRISTIAN CLUB の、古い木製スタンドしかないグラウンドになってしまいます。しかもここは市の中心部から20㎞離れた国際空港よりさらに離れたところにあります。何とか予定通りになってほしいところです。
 日本ではあまり話題になっていないテストシリーズかもしれませんが、選手は意気軒高。個人的には明日の試合が凄く楽しみです》

 日本のメンバーは、日本ラグビー協会のページにあります。さあ、まもなくキックオフだ!

  • Line