ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/04

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年04月04日

ぷちラーカム

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

putilarkam

自称「ぷちラーカム」の手塚さん。野球の専門家なのにクラブ・ラグビーを楽しむ。3月3日の日記にも紹介した僕の大学の先輩である。といっても野球部だけど。

 手塚さんから「4月3日に不惑倶楽部の試合に出るので見に来てください」と連絡があった。すぐに「行くようにします」と返事したが、直前になって「あれ? YCACセブンズの日やん」。しかし、先輩との約束は絶対だ。ヨコハマに背を向け、僕は秩父宮ラグビー場に向かった。

 第56回三惑対抗ラグビー大会。平たく言えば、おじさんの三地域対抗だ。東京は「不惑」、大阪が「惑惑」、九州が「迷惑」である。もちろん年齢は40歳以上。年代別にパンツの色が決まっている。

 【40歳=白、50歳=紺、60歳=赤、70歳=黄、80歳=紫、90歳=金】

 ちなみに、高校の全国大会が行われる花園ラグビー場の最寄り駅「東花園」駅前のケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースは、正月は黄色パンツをはいていた。70歳代だったのね。

 スタンドに入ると、不惑と惑惑の試合が行われていた。惑惑のフルバック(FB)に長岡法人の名を発見。専修大から本田技研鈴鹿に進んだ元日本代表のWTBだ。いきなり40mの独走トライ。小柄だが弾丸のようなスピードは現役時代を彷彿させた。前日は60歳以上のゲームだったが、この日は40歳代と50歳代。とくに40歳代はけっこう激しい。

 ぷちラーカムは最終の迷惑戦に向けてウォーミングアップ中。挨拶してパチリ。
「パー子化ですか?」
 ちなみにラーカムとは、オーストラリア代表選手で、僕の独断では世界で3本の指に入るスタンドオフ(SO)だ。あと二人は、ジョニー君とヤコちゃん。

 迷惑と不惑の試合は白熱した。ぷちラーカムも、本家ラーカムばりに果敢に前に出る。しかし相手が悪かった。彼の対面は、なんと元サントリーFB山本俊嗣だったのである。89年、スコットランド代表を破った日本代表のFBは簡単にはスペースを与えてくれない。前半は、迷惑がスクラムで圧倒し、山本のトライもあって24-0とリード。しかし、いくつになっても勝ちたい気持ちは不変だ。不惑は、大幅にメンバーチェンジ。疲れもあってか、ぷちラーカムもベンチへ。エースクラスを投入して猛追を見せ、後半12分からは、慶大OBでSOの浅田が3連続トライ。24-24の同点に追いつき、同じく慶大OBのCTB青井が逆転ゴールを決めた。最後はダメを押して33-24の逆転勝利。NO8は前半が権正、後半が柴田志通だ。80年代の慶大ファンなら涙ものである。不惑はミスが多く、なかなかスコアできない時間が多かったので最後は興奮した。

 両チームともタックルは激しかった。ただ独走した選手がコケてしまうのは、秩父宮の悪コンディションなのか、足がもつれているだけなのか、よく分からなかった。

 試合後、ぷちラーカムに声をかける。
「SOの相手が悪かったですね」
「それ、ほんとですか? 知らなかった。なんかねえ、いつもならコース変えれば抜けるのに、全然抜けないんですよ。そうか〜、でも光栄ですねえ」
 
 いいもの見た気がする。こういうのは、真剣にやるから楽しいんだね。もっと書きたいことがあるのだが、長くなるので、明日へ続きます。

◎愛好ニュース
◇第47回YC&ACセブンズは、日本IBMビックブルーが、決勝でセコムラガッツを52-15と下して優勝

  • Line