ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/04

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年04月03日

女子ラグビーと、大事なこと。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

きのうの日記に「男ならロック」と書いて後悔していた。ただ、ロックとえーちゃんをひっかけたかっただけなのだが、女子もやってるんだからなぁ。

そんなことを心に抱えつつ、きのうラグビー協会に行ったら、女子ラグビー連盟の理事である岸田則子さんに会った。ちょっと慌ててしまった。僕がラグマガの編集長になったばかりの15年ほど前、岸田さんに初めてお会いした。自らも選手であり、女子ラグビーを世に広めようと孤軍奮闘されていたのを思い出す。そういえば僕の見た目があまりに若造だったので「バイトの人だと思いました」って言われたなぁ。

僕もはじめは、なんで女子がラグビーって思ったが、よく考えてみると、僕が通っていたラグビースクールにも女の子がいたし、ボール持って制限なく走れる爽快感に男女差はないはずだ。試合を見ていてもそう思う。パスとかめちゃくちゃ上手い選手いるしね。

日本の女子ラグビーは、現在、ユースを含めると競技人口は1,000人ほど。なかなか増加しないそうだ。しかし、ユース世代にはラグビースクールでやっていた選手など、優秀な人材が多いらしい。この夏には、ユースのニュージーランド遠征も計画されている。女子のワールドカップは男子より一年先、2006年にカナダのエドモントンで行われる。6月にはアジア予選もある。直近では、4月15、16日にシンガポールでアジアのセブンズ・トーナメントも。男子のように環境が整っていない中で、アメリカやニュージーランドでプレーしている選手もいる。まだ未経験の女性は、ぜひチャレンジしてほしい。面白いよ。

興味深い話しがある。女子ラグビーでは、ニュージーランド、アメリカは強い。この両方のラグビーを知る選手が言っていた。アメリカはフィジカルが強いけど、ニュージーランドのほうが個々のプレーのオプションが多いんだそうだ。なるほど、子供の頃からプレーしていなくとも、間近でいいプレーを見続けていると、いろんなプレーをイメージできるということだ。グラウンドでの練習だけではなくて、いい試合を見ることも大事なんだね。そして、大人達は子供達にいいプレーを見せ続けないといけないってことだ。

未来のために、トップリーグ、頼むよ。

  • Line