ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/04

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

愛好速報 2005年04月18日

愛好速報!0418

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

◎ウルグアイ戦、大友記者はどう見た?

 現地まで取材に行っている大友信彦さんからメールが届いた。詳しいことは、東京中日スポーツ、ラグマガ、ナンバーに書かれるので、概略にて。
《今回の日本代表には、それほどナイーブなところ、どうしようもなく許せないミス、というのはあまり感じませんでした。それは私がカメラを持って、タッチラインから平面で試合を見ていたせいかもしれませんが。レフェリングもアウェー。完全トライの普通の平行パスが2度もスローフォワードを取られたし、日本のノットリリースは異常に早く吹かれ、相手のときは日本の倒れ込みが取られる。まあふつうのアウェーです。アウェーの条件下に置かれてもチームが大崩れしなかったのは、実際ポジティブに評価していいと思います。パシフィックリムのアウェーのアメリカ戦では、力が変わらないのにラスト15分で30点差、50点差に広がるという屈辱的な試合を何度も見てきましたので。それよりは、今回のジャパンは逞しいと感じます。ただし萩本監督としては、何度か許せないタックルミスがあったようです》

  • Line