ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/03

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

人物紹介 2005年03月22日

土居さんの正体

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

自宅の庭に桃の木がある。ちょっと遅いけど、つぼみがふくらんできた。そろそろ咲くよ。「矢野さんの正体」が好評だったので、今度は、JSPORTSラグビー実況でお馴染みの土居さんの正体をいってみよう。

低音ボイスが素敵な土居壮(どい・つよし)さんは、おしゃべりのプロフェッショナルだ。競馬、ゴルフ、アイスホッケー、サッカー、野球など、スポーツ実況の仕事は幅広い。元々はテレビ東京のアナウンサーで、ラグビー関係者の間では、イアン・ウイリアムスが決勝トライした神戸製鋼V3の劇的勝利を実況したことで有名。平成2年に退社してフリーになった。テレビ東京では、1980年代、「TOKIO ROCK TV」という番組の進行役を務め、音楽についてももの凄く詳しい。得意種目は競馬とラグビー。どちらも大好きみたいだ。僕とは、スポーツアイというチャンネルで、スーパー12の前身である「スーパー6」などを一緒に実況・解説していたので、もう10年以上のお付き合いになる。だから、海外のラグビー選手にも詳しいよ。ワールドカップにも2度一緒に行った。大好きな南ア代表PRオリー・ルルーに会って喜んでたなあ。ちなみに、年齢は小林深緑郎さんと同じである。

数日前の本欄コメントに「土居さんが、よく『これは内転筋を痛めましたね』と言うが、彼の中で内転筋ブームが起こっているのでは」という主旨の書き込みがあった。ご本人に尋ねたところこんな返事が。
「サッカー選手がよく痛めるんですよ。解説の金田さんが、すぐ分かるみたいで、ああこれは内転筋痛めましたねって言うんです」

 土居さんと一緒にやっていて凄いと思うのは、時間の感覚の鋭さ。フロア・ディレクターから、「あと30秒」と指示があると、完璧にその時間内にコメントをまとめる。アナウンサーなら当たり前かもしれないけど、いつも感心させられる瞬間だ。僕もたま〜に、実況やらせてもらうけど、必ず10秒くらい余ってしまう。修業が足りません。

土曜の深夜から日曜の早朝まで、シックスネイションズで眠れず。しかし、ウエールズのボールの動かし方は素晴らしい。眠気が吹っ飛んだ。意外に面白かったのが、イングランドとスコットランドの後半。凄いトライがあるよ。

  • Line