ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/03

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年03月20日

シンポジウム

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

waseda05

金曜日の夜は、ワセダクラブのシンポジウムがあった。こんな感じで、早稲田大学の国際会議場で開催された。300名以上のお客さんで盛況だった。

僕は進行役をやったのだが、花粉症で目がかゆくて苦しかった〜。そういえば、4年生で出演した古島選手も花粉症。内橋選手はこの日が花粉症デビューだった。現役選手では、このほか、青木、首藤、今村選手が登場して、シーズン中の裏話などを披露。今村選手の「日本代表になれなくて悔しい」発言は、きっぱりしていて気持ちがよかった。

清宮監督の1時間に及ぶシーズン総括は、注目発言が続出。清宮分析で試合での貢献度を数字に表した最高の仕事人は、佐々木隆道選手だったことが発表されたり、大学決勝戦のトライを詳細に解説して、スクラムの重要さを力説。後半のトークセッションでは、「僕、プロップ好きなんですよ」と告白して、今春、才能豊かなプロップ陣が入部してくることを喜んで報告していた。ちなみに、BKコーチの古庄さんは、今春から國學院栃木の教員になってラグビー部の指導にあたるそうだ。花園でベスト8を目指すとのこと。頑張ってほしいな。あっという間の3時間だった。
 
さて、日曜の夕方は、ラグビープラネットの公開収録がある。今季のラグビーシーンを振り返って、ジェイスポーツの実況・解説陣が選んだ最優秀選手などが発表になる。お楽しみに。27日24:00〜放送予定です。

  • Line