人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年7月14日

静岡ブルーレヴズ、「REV UP!」のスローガンで挑む新シーズンへの決意

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

堀川HC(左)と山谷代表 (C)SHIZUOKA BlueRevs

7月14日(木)、ジャパンラグビー リーグワンのディビジョン1に所属する静岡ブルーレヴズが、2022-23シーズンの新体制発表会見を開いた。参加者は代表取締役社長の山谷拓志氏と、今年から「監督という言葉が曖昧だったために、グラウンドのことに集中してほしい」(山谷代表)という理由からヘッドコーチという肩書きになった堀川隆延HC(ヘッドコーチ)の2名が登壇した。

女子ラグビー日本代表テストマッチ

プロバスケットボールからラグビーのプロクラブの代表になり、1年が経った山谷代表は「2015年、2019年ワールドカップを経て、ラグビーの注目度が上がっていると認識していたが、ラグビーに対する熱や思いが高い。ラグビーのスポーツ価値、人と人のぶつかり合い、犠牲の精神は人の心を打つコンテンツだと感じている。コンテンツの価値は創造以上にあるが、ただ、それをもっと増やすために試合数や開催時期など、ファン目線に立った環境作りは課題だと思います」と振り返った。

堀川HC (C)SHIZUOKA BlueRevs

日本代表の予備軍であるNDS(ナショナル・ディベロップメント・スコッド)のHCも含めて7週間、代表活動に参加していた堀川HCは「去年は悔しいシーズンを過ごしたが、チームは飛躍、成長の1年だったと思う。新加入選手もいますし、自分たちに何が足りなかったのか。昨日、選手にファーストミーティングで少し話しをした。(日本代表活動は)すべてにおいて刺激になった7週間だった。完全にそのままやるのではなく、我々のオリジナリティに合うものを1つ1つ、付け加えてレヴズらしさを作り上げていきたい」と話した。

今季のスローガンは「REV UP!」

今季のチームのスローガンは「REV UP!」(レヴアップ)となった。REVは「ブルーレヴズ」の下になった英語で「REV UP」は「エンジンの回転を上げ加速させる」という意味で、チーム、事業の成長をより加速、促進、進化させていくという思いが込められた。そして、後ろの煙はスクラムからでる熱気や熱気をイメージしたという。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ