人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月10日

早稲田大学、日本大学と春の最終戦。秋につながる勝利を目指す。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

ハンドオフで突破を図るNO8相良主将

『Tough Choice』をテーマにNO8(ナンバーエイト)相良昌彦主将(社4=東京・早実)率いる「相良組」で挑んだ激闘の関東大学春季大会。日本大学との対戦で最後を迎えようとしている。

ここまで1勝3敗と苦戦を強いられている早稲田大学だが、自分たちのラグビーを貫く試合内容で着実に成長を遂げてきた。最終戦を最高の形で締めくくり、秋シーズンに良い流れをもたらすことができるか。

前節行われた帝京大学との試合では、昨年王者を相手に『チャレンジ』というテーマを持って臨んだ早大。その通りに果敢に攻め入るが、相手の攻撃を抑え切れずに26-52で惜しくも敗戦した。

試合の流れを最初につかんだ早大は、前半5分ラインモールからの連携パスでSO(スタンドオフ)守屋大誠(政経2=東京・早実)が相手をうまくかわしながら前進し先制トライ。その後も素早いパスワークにCTB(センター)吉村紘(スポ4=東福岡)が応じ、インゴールを駆けるなど果敢に攻撃を図る。

SH宮尾、今試合も連携パスの中核を担う

後半はPR(プロップ)川崎太雅(スポ3=東福岡)からゴール前でSH(スクラムハーフ)宮尾昌典(スポ2=京都成章)にオフロードがつながってトライを挙げるという華麗な連携プレーも見られた。しかし、帝京大の猛攻に苦戦し、守備やパスの連携ミスを突かれ、得点を立て続けに許してしまう。早大の好機は多く見られたものの、あと一歩のところで得点まで結び付けられないゲーム展開となった。

ラグビー関東大学春季大会2022

一方、最終戦の相手である日大は先日行われた東海大学戦を17-50で終えている。相手に素早いプレッシャーをかけ、得点につなげたものの、東海大の攻防を上回るプレーを展開できずに大差をつけられ黒星となった。昨年度の春季大会で日大に勝利を収めている早大ではあるが、油断はできない。

日大はフィジカルとコンタクトを生かしたプレーが特徴で、強烈なタックルと体格ともに優れるWTB(ウィング)ナサニエル・トゥポウなど警戒を必要とするチームだ。コンタクト勝負で打ち勝ち、今季磨きをかけてきたセットプレーでどこまで追い詰めることができるかが、勝敗のカギとなるだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ