人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月9日

東芝ブレイブルーパス東京、土壇場の逆転でプレーオフに向け勢いをつける勝利。ジャパンラグビー リーグワン最終節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

リーグワン最終節、静岡ブルーレヴズvs.東芝ブレイブルーパス東京

ジャパンラグビー リーグワンのディビジョン1は、5月7日(土)8日(日)にリーグ戦の最終節となる第16節を迎えた。8日は8位の静岡ブルーレヴズが、前日、プレーオフ進出を決めた4位の東芝ブレイブルーパス東京を、静岡・ヤマハスタジアムに迎えた。

リーグワン元年、コロナ禍の影響で5試合が中止となった静岡ブルーレヴズ。先週もコロナ禍の影響で、NTTドコモレッドハリケーンズ大阪戦が中止となり、2週間ぶりの試合となった。すでに入替戦は回避しており、今季の最終戦をホストのファンの前で、白星で締めくくりたいところ。

先発は2週間前に15-18で逆転負けを喫したトヨタヴェルブリッツ戦から、FW(フォワード)とBK(バックス)各1名を変更。FWは日本代表のLO(ロック)大戸裕矢主将を中心に、HO(フッカー)日野剛志、南アフリカ代表NO8(ナンバーエイト)クワッガ・スミスら経験値の高い選手が名を連ね、BKはベテランの元日本代表SH(スクラムハーフ)矢富勇毅、SO(スタンドオフ)サム・グリーン、2年目のFB(フルバック)奥村翔らが先発した。

ジャパンラグビー リーグワン2022

一方の東芝ブレイブルーパス東京は、前節、首位の東京サントリーサンゴリアスに27-3と勝ち、5連勝で4位に浮上。この最終戦で勝利すれば自力でプレーオフ進出を決めることができたが、前日、5位のトヨタヴェルブリッツvs.東京サンゴリアスの試合がコロナの影響で試合が中止となり、4位でのプレーオフ進出を決めていた。

そんな東芝ブレイブルーパス東京は、東京サンゴリアス戦からはFW1名、BK2名を替えた。共同主将の1人で日本代表のFL(フランカー)徳永祥尭が先発に上がり、同じく日本代表のFLリーチ マイケルがリザーブに下がった。BKは2年目の松永拓朗がFBからSOに上がり、リザーブに東海大学出身の3年目のCTB眞野泰地が初めてメンバー入りした。

快晴の中、静岡・ヤマハスタジアムには6326人の観客が集まり、試合は午後2:30にキックオフされた。先手を取ったのは、ホストの静岡ブルーレヴズだった。前半12分、スクラムを起点にFWでフェイズを重ねてゲインし、最後はSOグリーンがステップで相手のギャップを突いてトライ。FB奥村のゴールも決まり、7点の先制に成功する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ