人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月28日

重大局面!三重ホンダヒートは勝てばD1昇格。花園近鉄ライナーズは順位決定戦初陣!

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

花園近鉄ライナーズ vs. 三重ホンダヒート

ディビジョン2(D2)の上位争いは重大局面を迎えた。

ジャパンラグビーリーグワンのD2は4月30日(土)、上位3チームの順位を決める「1位~3位順位決定戦」の第2節(1試合)を行う。

ホストはD2リーグ戦を2位通過(8勝2敗)した花園近鉄ライナーズ。本拠地の東大阪市花園ラグビー場で、順位決定戦2試合の初陣を迎える。

ビジターは、リーグ戦こそ3位通過(7勝3敗)だったものの、先週の第1節で1位通過の三菱重工相模原ダイナボアーズを19-17で降した三重ホンダヒート

ヒートはライナーズに勝利すれば1位が確定。ディビジョン1への自動昇格を手にする。今季の集大成を発揮する最終局面だ。

三重ホンダヒートスターティングメンバー

ヒートはダイナボアーズ撃破した先週から先発15人中2人を変更。ハードワーカーのFLポール・スクーマン、リザーブからCTB渡邉弐貴が繰り上がった。

大黒柱はキャプテンのFL古田凌。リーグ戦終了時点でのタックル成功数はD2最多の111 回。FL古田キャプテンは 100 回以上のタックルを成功させている今季唯一のプレイヤーだった。

注目は、抜群の突進力で6位タイ(D2)の6トライを記録している日本文理大学出身のNO8ヴィリアミ・アフ・カイポウリ。先週も貴重なトライを挙げたエイトマンをチェックしたい。

バックスでは地元三重の四日市農芸高校出身のSH山路健太、安定感が光るSO朴成基、切れ味抜群の快足ランナーであるWTB尾又寛汰。

そして身長192センチのFBマット・ダフィーは、個人技でトライチャンスを生み出せる稀有なラインブレイカー。13人制ラグビーも経験したスキルフルな元ニュージーランド代表(2キャップ)は頼もしい存在だ。

ホストの花園近鉄ライナーズにとっても、当然ながら絶対に落とせない正念場となる。

試合当日はラグビー場前の噴水広場で「こどもの花園ハッピーパーク」と題し、子ども向けのコンテンツ等を用意。来場した子ども達へ地元大阪のラグビーチームとして勝利を届けたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ