人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月22日

この1年の成否が決まる大一番。デイビジョン2順位決定戦第1節、相模原ダイナボアーズ×三重ヒートプレビュー

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

三菱重工相模原ダイナボアーズ vs. 三重ホンダヒート

ここからはすべての試合が大一番である。

ジャパンラグビーリーグワンは、今週末よりディビジョン2とディビジョン3の順位決定戦に突入する。リーグ戦の結果によりそれぞれ所属する6チームが上位と下位の3チームずつに分かれ、1回戦の総当たり戦によって最終順位を決するという流れだ。その先には上下カテゴリーとの昇降格をかけた入替戦も控える。今シーズンのチームの歩みの成否が決まる戦いは、好ゲーム続出のリーグ戦にも増して熱を帯びるだろう。

NTTドコモレッドハリケーンズ大阪のチーム再編成と宗像サニックスブルースの活動停止にともない、ディビジョン2、ディビジョン3いずれも1位チームは入替戦なしで自動昇格となることが決まった。当然ながらどのチームも自動昇格を狙って、全力でこの順位決定戦に臨んでくるだろう。そうした中、ディビジョン2の1~3位グループの第1節では、リーグ戦を9勝1敗で1位通過した三菱重工相模原ダイナボアーズと、7勝3敗で同3位の三重ホンダヒートが、相模原ギオンスタジアムで激突する(4月24日、12時キックオフ)。

両者の今シーズンの戦いを振り返ると、リーグ戦1巡目(第4節/2月13日)はヒートのホストスタジアムである三重交通Gスポーツの杜鈴鹿でダイナボアーズが22-13と勝利。しかし2巡目の4月9日の最終節では、ダイナボアーズのホストゲームでヒートが16-15と雪辱を果たしている。ただしこの時はすでにリーグ戦の順位が確定した状況での試合で、順位決定戦での再戦を見据えお互いに手の内を明かしたくないという側面があったのも事実だ。同じ会場での2週後のリマッチが果たしてどのような展開になるのか、想像はふくらむ。

 

ここまでの試合内容で際立っているのは、ダイナボアーズのディフェンスの安定感だ。総失点130(1試合平均14.4)は2位花園近鉄ライナーズの187(同18.7)を大幅に下回るリーグ最少の数字で、釜石シーウェイブス戦の中止で1試合少ないことを差し引いても、優秀な成績であることがわかる。特に目を引くのが最初の20分間の失点の少なさで、この時間帯に相手に与えたポイントは、シーズントータルでわずかに15点だけ。他のチームはすべて40点を超えており、この立ち上がりのよさが、季の安定した試合運びにつながっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ