人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月6日

横浜キヤノンイーグルス、チームに新しい風を吹き込む4人の新人

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

「ジャパンラグビー リーグワン」では、大卒新人が4月から公式戦に出場できる。そこで、ディビジョン1の各チームに加わった新人選手を紹介していきたい。昨季から沢木敬介監督が就任し、上昇気流に乗っている横浜キヤノンイーグルス。2021年度は7人が加入したが、2022年度も有望な4人の若鷲が加入する。

大学選手権決勝でも存在感を示したCTB江藤

まず、明治大学出身のCTB(センター)江藤良だ。報徳学園高校時代から「花園」こと、全国高校ラグビー大会で存在感を見せ、ユース五輪のセブンズで銅メダル獲得に寄与した。大学3年まで、なかなかレギュラーポジションを奪えなかったが努力を続け、4年時では紫紺のジャージーを着て大学選手権準優勝に貢献した。

身長181cm、体重94kgの身体を活かし、セブンズで磨いたスピードある突破、さらにタックルレンジも広く、コミュニケーション能力も高いCTBだ。基本的にはアウトサイドCTBだが、インサイドCTBでもプレー可能だ。

江藤は「横浜キヤノンイーグルスの一員としてプレーできることを誇りに思います。これまで携わってきた方々、これから携わる方々への感謝の気持ちを忘れずに日々精進します。また、チームに良い風を吹かせるようなプレーをして、イーグルスに貢献します」と話した。

高校、大学の先輩であるCTB梶村祐介に憧れており、社会人では同じ赤いジャージーを着てプレーすることになった。近い将来、2人でCTBコンビを組んで出場する機会も出てくるはずだ。

さらにFW(フォワード)には、目黒学院高校で同級生だったトンガ人選手が2人加入した。1人目は身長180cm、体重120kgのパワーを武器に、日本大学で1年時からチームの中軸としてプレーしたPR(プロップ)/NO8(ナンバーエイト)シオネ・ハラシリだ。バックローでのプレーが長かったが、上級生ではPRにも挑戦している。

2人目は高校日本代表、U20日本代表にも選ばれ、2021年度は福岡工業大学で副将を務めたFL(フランカー)シオエリ・ヴァカラヒだ。学生時代はCTB(センター)としてもプレーした。やはり突破力だけでなく、強力なタックルが持ち味だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ