人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月17日

横浜キヤノンイーグルスとトヨタヴェルブリッツ、プレーオフトーナメント進出の4位を争う戦い。ジャパンラグビー リーグワン第10節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

プレーオフ進出の4位を争う対戦

ジャパンラグビー リーグワン、カンファレンスの交流戦は残り2試合となり、3月18日(金)は4位(勝ち点28)まで順位を上げてきた横浜キヤノンイーグルスが、東京・秩父宮ラグビー場に、5位(勝ち点27)トヨタヴェルブリッツを迎える。

両者はここまで6勝3敗で勝ち点差はわずかに「1」と、今後を考えるとホストの横浜キヤノンイーグルスにとっては、トップ4圏内にとどまるために勝ちたい試合であり、トヨタヴェルブリッツとしてはしっかり勝利して再び4位に順位を上げたい。

J SPORTS オンデマンド番組情報

それでは前節、49-24でNTTドコモレッドハリケーンズ大阪に勝利した横浜キヤノンイーグルスのメンバーを見てみたい。FW(フォワード)はLO(ロック)ソセフォ ファカタヴァが先発し、BK(バックス)は前節負傷したキャプテンのSO(スタンドオフ)田村優に替わって小倉順平が10番を背負い、左WTBに突破力が光る竹澤正祥が入った。

横浜キヤノンイーグルス

FWはフィジカルの強いトヨタヴェルブリッツを意識してのメンバーとなった。第1列は好調のPR(プロップ)岡部崇人、新人ながら開幕から気を吐く津嘉山廉人(流通経済大学出身)、そして今回キャプテンを務める日本代表HO(フッカー)庭井祐輔の3人。ファガタバとLOでコンビを組むのはサウマキ アマナキだ。

バックローはLOから6番に下がった「モンスター」、リアキ・モリが先発し、低いプレーと機動力が持ち味のFL(フランカー)嶋田直人とコンビを組む。アマナキ・レレィ・マフィは休みで、総合力に長けたコーバス・ファンダイクが6番から下がって8番を務める。

SO小倉とハーフ団を組むのは今季、移籍してきたSH山菅一史だ。CTB(センター)は12番を背負い続ける梶村祐介と、南アフリカ代表ジェシー・クリエルの2人がコンビを組む。バックスリーはWTB竹澤と、左から右WTBとなったヴィリアメ・タカヤワ、総合力の高い身長185cmのFB(フルバック)エスピー・マレーが入った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ