人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月11日

大学王者に10度、帝京大学の名将・岩出雅之監督が退任。新たに相馬朋和監督が就任

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

相馬新監督(左)と岩出監督

3月10日(木)、大学選手権で帝京大学ラグビー部を10度目の優勝に導き、今季限りの勇退を発表していた岩出雅之監督と、新たに指揮官に就くことになった相馬朋和監督の2人が会見を開いた。

なお、岩出前監督は4月から新設される「帝京大学スポーツ局」の初代局長に就任する。相馬新監督は昨年度、コーチとして埼玉パナソニックワイルドナイツの優勝に貢献した後、コーチとして学生たちを指導しており、今季から監督となり、専任講師として授業を持ちながら大学生たちのラグビー指導に携わる。

J SPORTS オンデマンド番組情報

1月の大学選手権で10度目の優勝を飾った後に、今季限りの勇退を表明していた岩出前監督は改めて「26年間、お世話になりました。その間、様々な挑戦をさせていただき、結果として、いい監督生活を送れた。バトンを引き継いでくれる指導者がいるということで、幸せをとても感じています。勝利が大きな喜びですが、学生たちの成長も大きなモチベーションでした。この場をもって、贅沢な監督の終わり方ができてうれしく思います」と挨拶した。

岩出氏は4月からスポーツ局局長

そして岩出監督は、相馬朋和氏を新監督として紹介した。岩出監督にとって相馬氏は、高校日本代表時代はコーチと選手という間柄で、1996年に監督1年目の1年生にあたるという。相馬氏が帝京大学を卒業した後も、岩出監督は師の1人として相馬選手を見守ってきた。

相馬新監督は、帝京大学卒業後は三洋電機(元埼玉ワイルドナイツ)で右PRとして数々のタイトル奪取に貢献し、日本代表でも24キャップを誇り、2007年ワールドカップにも出場した。現役中からOBとして帝京大学の学生を指導しており、引退後の2014年から2年間はスクラムコーチも務めるなど関係を深めてきた。

岩出前監督は「選手として、時間を見て後輩たちの指導にも何度も来ていただいている姿を見させていただいて、将来は相馬くんに託すのかなと途中から思っていた。情熱的な指導も、そして母校ということもありますが、後輩たちへの愛情ある接し方にも指導者としての魅力を感じた」と話す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ