人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月24日

スタイルとスタイルの激突!第7節の好カード「シャイニングアークス東京ベイ浦安」×「東芝ブレイブルーパス東京」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ vs. トヨタヴェルブリッツ

どちらのスタイルが真価を発揮するのか。

先週からスタートしたジャパンラグビーリーグワン「ディビジョン1」の交流戦が2週目に入り、第7節の2月26日(土)は、東京・江東区夢の島競技場で注目の対決がある。

1勝5敗(うち不戦敗3)のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安が、3勝3敗(うち不戦勝1)の東芝ブレイブルーパス東京を迎える一戦だ。

ホストのシャイニングアークスは、今季開幕節でコベルコ神戸スティーラーズから劇的勝利(24-23)。しかしコロナ禍の影響によって不戦敗の「3」が付いてしまった。

5-48で昨季王者・埼玉ワイルドナイツに破れた前戦からは、不戦敗となった第6節を挟んで3週間ぶりの実戦であり、勝利すれば開幕節以来。勝利への渇望を力に変えたいところだ。

シャイニングアークス東京ベイ浦安スターティングメンバー

自慢の強力スクラムを牽引するのは、日大出身のPR庵奥翔太、今季初先発でキャリアーとしても抜群のHOアナル・ランギ、高いポテンシャルを秘めた元九州共立大主将のPR竹内柊平。

バックローはリーグ屈指のタックラーが並んだ。日本代表のFLジェームス・ムーア、クラブ主将のFL金正奎、そしてU20NZ代表を経験しているNO8ジミー・トゥポウだ。

ゲーム主将は元帝京大主将で、今季公式戦デビューを果たしたばかりのCTB本郷泰司が担う。そしてフルバックはチームの全3トライを記録しているオーストラリア代表73キャップのイズラエル・フォラウだ。

そしてリザーブには、ついにトンプソンルークがメンバー入り。4月に41歳を迎えるW杯4大会連続出場のレジェンドの出場はあるか。どんなプレーを見せてくれるのか。大きな注目が集まる。

注目選手には29歳のNO8トゥポウを挙げたい。196センチの長身だが活動量が多く、激しいタックルと高速リロードを繰り返す守備名人だ。オフロードパスも得意で、突破の起点にもなれる。代表歴は年代別代表に留まるが、NZクルセイダーズ、ブルーズでプレーした背番号8の動きに要注目だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ