人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月20日

【ハイライト動画あり】埼玉ワイルドナイツ、タフなゲームを勝ちきり4連勝で4位に浮上。ジャパンラグビー リーグワン第6節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

互いに接点は最後まで激しかった

ジャパンラグビー リーグワン」のディビジョン1、先週の「BYE WEEK」(休みの週)が明けて、2月19・20日の第6節は、A・Bカンファレンスの交流戦が開催された。

コロナ禍の影響で4試合が中止となる中、3連勝で5位(勝ち点14)まで上がってきた埼玉パナソニックワイルドナイツは、ホストの埼玉・熊谷ラグビー場に、勝ち点で1つ上の4位につけている東芝ブレイブルーパス東京を迎えた。

埼玉ワイルドナイツは前節からFW(フォワード)1人、BK(バックス)1人の2名を入れ替えた。FWは元イングランド代表LO(ロック)ジョージ・クルーズが復帰、キャプテンのHO(フッカー)坂手淳史、PR(プロップ)稲垣啓太、前節MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いたFL(フランカー)ベン・ガンターら日本代表が並ぶ。

互いの気迫があふれる肉弾戦

BKはCTB(センター)の元ウェールズ代表ハドレー・パークスがベンチから先発に復帰し、日本代表SO(スタンドオフ)松田力也、WTB(ウィング)に、オーストラリア代表マリカ・コロインベテと昨季の新人賞の竹山晃暉など、ほぼベストメンバーで臨んだ。

一方のビジターの東芝ブレイブルーパス東京は、静岡ブルーレヴズ戦からFWを2人、BKは1人と3人を交替し、ポジション変更が1人となった。

共同キャプテンSH(スクラムハーフ)小川高廣、日本代表FL徳永祥尭を筆頭に、昨年日本代表デビューした19歳のルーキー、LOワーナー・ディアンズ、ニュージーランド代表経験のあるFLマット・トッド、元ニュージーランド代表CTBセタ・タマニバル、WTBジョネ・ナイカブラら実力者が顔を揃えた。

「私がクルセイダーズのヘッドコーチの時には彼はキャプテンをし、ともにコーチングしたときもありました」という埼玉ワイルドナイツのロビー・ディーンズ監督と、東芝ブレイブルーパス東京のトッド・ブラックアダーHC(ヘッドコーチ)、オールブラックス経験のある師弟対決も注目された一戦となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ