人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月17日

大敗からカムバックの強豪対決。第6節屈指の好カード「トヨタヴェルブリッツ×コベルコ神戸スティーラーズ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

トヨタヴェルブリッツ vs. コベルコ神戸スティーラーズ

地力を見せてカムバックした強豪同士が相まみえる。

ジャパンラグビーリーグワンのディビジョン1は第6節からカンファレンスA、Bの交流戦が始まる。

2月19日(土)は4勝1敗で3位につけるカンファレンスBのトヨタヴェルブリッツが、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場に、カンファレンスAで8位(2勝3敗)のコベルコ神戸スティーラーズを迎える。

1928年創部の名門スティーラーズのリーグワンは、連敗から始まった。

開幕節はコンバージョンの成否が勝敗を分けた接戦だったが、第2節は横浜キヤノンイーグルスに55-21の大敗を喫した。

過去3シーズンのリーグ戦で無敗(18勝2分)だったスティーラーズが、まさかの開幕2連敗。しかし「ディフェンスの間隔」(橋本大輝主将)など課題を修正して第3節からは2勝1敗と復調した。

第4節埼玉ワイルドナイツ戦では逆転負け(37-41)を喫したが、昨季王者に肉薄する底力は十分に見せただろう。

今季試合中止が一度もないスティーラーズに対し、不戦勝が2試合あるのがヴェルブリッツだ。

実戦の3試合では、まず第2節東京サンゴリアス戦で、42失点(8-50)を浴びる屈辱を味わった。

試合後に敵将のミルトン・ヘイグHCは「トヨタも(コロナ禍のため今週まで)5、6週間は試合ができなかったと聞いている」と敵方の実戦不足に言及したが、ヴェルブリッツは言い訳にしなかった。

そんな殊勝な態度はその後に3連勝(不戦勝1を含む)という形で報われた。

実戦初勝利となった第4節東芝ブレイブルーパス東京戦後、姫野共同キャプテンは「(第2節)東京サンゴリアス戦で少し自分たちの個に走ってしまったところがあった。今週はしっかりチームにコミットしてひとつのチームとして戦うということに取り組んできました」

「その中でしっかりとプランニングを遂行することであったり、コンタクトやプレーの精度が凄くあったので良い結果を得ることができました」と勝利の理由を語った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ