人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月10日

ジャパンラグビー リーグワン、コロナ禍での大会成立要件を発表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

東海林一専務理事

2月10日(木)、一般社団法人ジャパンラグビーリーグワンが「NTTジャパンラグビー リーグワン2022」の大会成立要件を発表。それに伴い、東海林一専務理事がオンラインで会見を開いた。

「コロナ陽性者をピッチに立たせないよう厳格に行っている」と東海林専務理事が強調するように、毎週PCR検査を行ってリーグワンは試合を行ってきたが、すでにディビジョン1~3で合計48試合中、13試合が中止となってしまった。そこで今回、改めて今季のリーグワンの成立要件が発表されたというわけだ。

定められたフォーマットでは、ディビジョン1は5月7・8日の第16節まで試合を行い、12チームのうち上位4チームでプレーオフトーナメントを行って優勝を決定する。ディビジョン2・3は4月9・10日の第10節まで試合を行った後、上位3チームと下位3チームにより順位決定戦を行い、最終順位を決める。

なお、入替戦はディビジョンの上位3チームと下位3チームがホスト&ビジターで対戦する。つまり、ディビジョン1と2の入替戦3試合、ディビジョン2と3の入替戦が3試合行われる。

ただ、今季のリーグワンは開幕戦から新型コロナウィルス感染症のオミクロン株による影響で、中止となる試合が相次いでおり、リーグの成立条件が下記のように発表された。

1 リーグ戦全体を通じ、ディビジョンごとに、実施予定試合数の50%以上が開催された場合に成立とする(つまり、予定通りにリーグ戦、プレーオフトーナメントを行う)

2 リーグ戦全体を通じ、ディビジョンごとに、実施予定試合数の50%に満たない場合、または推定される場合は、4月17日までに判断し、全チームによるトーナメント戦で順位を決定する(リーグが不成立になっても個人記録はそのまま適用される)

2月6日時点では、試合は以下のような状況になっている。

・ディビジョン1:30試合中、9試合が中止(30%が中止)
・ディビジョン2:9試合中、試合中止はなし(0%)
・ディビジョン3:9試合中、4試合中止(44%が中止)

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ