人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月3日

ようやくホストゲーム初戦を迎えるヴェルブリッツに、ブラックラムズが上位浮上をかけ挑む。リーグワン第5節プレビュー。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

トヨタヴェルブリッツ vs. ブラックラムズ東京

昨季トップリーグ4強のトヨタヴェルブリッツは前節、東芝ブレイブルーパス東京とのタイトなせめぎ合いを制して33-23で勝利を収めた。リーグワンでの初戦となった第2節は5週ぶりの実戦という不利もあって東京サントリーサンゴリアスに完敗を喫したが、第3節の中止を経て臨んだビジターゲームで実力者から白星を手にし、チームとしてようやくひと息ついたというところだろう。合流が遅れていた南アフリカ代表FBウィリー・ルルーの復帰で戦力的にもベストに近い布陣が整いつつあり、ここからさらに調子を上げていくことを予感させた。

一方のリコーブラックラムズ東京は、初戦でNTTドコモレッドハリケーンズ大阪に43-22と快勝し好スタートを切ったものの、続く2節は相手に、3節は自チームに新型コロナウイルス陽性者が確認されたため試合中止に。第1節以来のゲームとなった前節は東京サントリーサンゴリアスを土俵際まで追い詰めながら、後半35分のFL松橋周平のトライで勝ち越した直後に逆転トライを奪われあと一歩で勝利を逃した。前半35分の相手のレッドカードで有利な状況だっただけに悔やまれる敗戦となったが、コロナの余波で思うように準備を進められない中で強敵と互角に渡り合えたことは、チームの自信になったはずだ。

そんな両者が激突する第5節のこのゲーム。ひとつの見どころは、リーグ屈指の強靭なフィジカルを誇るヴェルブリッツと、攻守ともアグレッシブに体を当てることを身上とするブラックラムズの接点のバトルだ。ヴェルブリッツにすればゲームのベースとなるコンタクト局面で優位に立ち、多彩な能力を備えるランナーたちが存分に持ち味を発揮する――というのが理想的な展開。逆にブラックラムズはタックルとその後のボール争奪戦で厳しくプレッシャーをかけ続け、相手に余裕を持ってプレーする時間と空間を与えないことが、勝利の条件となる。

中盤におけるキックの攻防も、この試合の重要なポイントだ。お互いに敵陣22メートル線内でのラインアウト起点の攻撃を得意のトライパターンとしており、蹴り合いの中でどちらがそのエリアに数多く攻め込めるかが、勝敗に直結する要素となる。ヴェルブリッツはSOティアーン・ファルコンにWTBウィリアム・トゥポウ、FBルルー、ブラックラムズはSOアイザック・ルーカスにFBマット・マッガーンと、両チームともに左右の好キッカーを擁するだけに、見応えあるキッキングゲームが繰り広げられるだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ