人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月28日

首位攻防の東京ダービー、ブラックラムズ東京vs.東京サンゴリアス。ジャパンラグビー リーグワン第4節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1・2位直接対決

1月8日(土)に開幕した「ジャパンラグビー リーグワン」。今週は第4節を迎えて、1月30日(日)東京・秩父宮ラグビー場で、現在ディヴィジョン1で首位に立つ東京サントリーサンゴリアス(勝ち点14)と、2位のリコーブラックラムズ東京(勝ち点10)の「東京ダービー」が行われる。

昨季のトップリーグでは別カンファレンスだったため、リーグ戦では対戦しておらず、プレーオフ準々決勝で対戦する予定だったが、コロナ禍の影響で東京サンゴリアスの不戦勝だった。一昨季はリーグが中断されたため対戦しておらず、両者の対戦は2017-18シーズン以来で、この時は東京サンゴリアスが31-15で勝利している。

ブラックラムズ東京は、開幕戦はNTTドコモレッドハリケーンズ大阪に43-22と快勝。サントリーで選手としてプレーし、コーチ経験もあるピーター・ヒューワットHC(ヘッドコーチ)が、「フィジカルアタッキングラグビーを自分たちのスタイルにする」と話していた通りの攻撃的ラグビーを見せた。

だが、第2節の静岡ブルーレヴス戦は相手側にコロナ陽性者が出て中止、先週の第3節は自チームに陽性者が出てしまい中止。2勝1敗の勝ち点10で、2位につけているブラックラムズ東京にとっては開幕戦以来の試合となった。

一方、「アグレッシブ・アタッキングラグビーを貫く」(ミルトン・ヘイグHC)の言葉通り、ビジターの東京サンゴリアスは、開幕戦は東芝ブレイブルーパス東京を60-46で退け、第2節はトヨタヴェルブリッツに50-8と快勝で2連勝を飾った。先週の静岡ブルーレヴス戦は相手チームにコロナ陽性者が出ていた影響で中止となったが、開幕から負けなしの勝ち点14で現在ディヴィジョン1の首位に立つ。

リコーブラックラムズ東京

まず、ホストのブラックラムズ東京メンバーを見ていいこう。開幕のNTTドコモレッドハリケーンズ大阪戦からFW(フォワード)4人、BK(バックス)1人の計5人を変更した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ