人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月14日

ピーター・ラブスカフニ、ファウルア・マキシがクボタスピアーズ船橋・東京ベイに合流。新リーグへの意気込みを語る

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

マキシ(左)とラピース

12月13日(月)、今秋のラグビー日本代表欧州遠征に参加したクボタスピアーズ船橋・東京ベイのFL(フランカー)「ラピース」こと、ピーター・ラブスカフニと、NO8(ナンバーエイト)ファウルア・マキシの2人が、隔離期間が明けてチームに合流。

千葉県・クボタ船橋グラウンドでリーグワンの開幕戦(1月7日、国立競技場)に向けてチーム練習に参加した。2時間あまりの練習後、クラブハウスで会見に応じた2人は、日本代表での経験やリーグワンに対する思いを語った。

この秋、日本代表のキャプテンに就任したラピースは「この環境に戻ってこられて、クラブハウスでみんなに会うことができたので、非常にワクワクした気持ちです。チームメイトや友人に再会できて非常に嬉しく思っています。今はそこに感謝してチームに貢献したいというマインドセットです」。

ピーター・ラブスカフニ

「すべてはチームのためなので、そのためにできることをやりますし、自分自身もその中から学び、成長したいと思います。ここは本当に素晴らしい環境なので、この一員であることを嬉しく思います。本当にまたクボタで過ごす時間を楽しみにしています」と久しぶりのチーム合流に笑顔を見せた。

ラピースは欧州遠征後、直接日本には戻らず、家族を迎えにいくため、南アフリカに一度立ち寄ったという。新型コロナウィルスのオミクロン株の影響で日本に入ってこられない外国人選手もいる中で、「家族も日本に戻ってきたいと願っていたので、タイミングが間に合って良かった」と安堵し、隔離期間中も休養やコンディションを整える期間と前向きに捉え、身体を動かしていたという。

開幕まで1ヶ月を切った新リーグ「リーグワン」については、ラピースは「新たな挑戦になると思います。どのチームもレベルが上がっていくでしょう。非常に競争が激しくなると思います。リーグワンは私たちが成長し、より良くなるチャンスを与えてくれるでしょう。たくさんの外国人選手もいますが、同じくらいたくさんの日本の才能ある選手が、またたくさん現れてくると思います。この新しいリーグがこれからどうなっていくのか楽しみです」と期待を寄せた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ