人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月6日

【ハイライト動画あり】帝京大学、3年ぶりの対抗戦優勝。目指すは4年ぶりの大学王座奪回。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

正確なゴールキックをみせた高本(幹)

12月4日、秩父宮ラグビー場で慶應義塾大学に64-14で快勝し、帝京大学は3年ぶりのラグビー関東大学対抗戦優勝となった。計9トライを挙げ、相手と3トライ差以上で得られるボーナス点を獲得して勝ち点32。対抗戦は残り1試合を残していたが、全勝したことにより優勝が確定した。

前半開始直後から試合は動いた。前半1分、パスをもらったFB(フルバック)二村莞司(3年=京都成章)が30mを走りきって先制トライ。SO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)もゴールキックを決めて良いスタートを切った。

しかし、その4分後、慶應大が敵陣ゴールラインアウトからモールを押し込み、そのままトライ。ゴールも成功し、試合は振り出しに戻った。そして前半17分、慶應大は、帝京大陣ゴール近くのラインアウトからモールを押し込むと、一気に抜け出しトライ。追加点を許す。

このままではいられない帝京大は前半23分、敵陣ラインアウトから左右に連続攻撃を仕掛け、パスを受けたPR(プロップ)奥野翔太(4年=常翔学園)が抜け出してトライ。さらに前半36分、帝京大は敵陣深くのラインアウトからタテをついて連続攻撃。抜け出したCTB(センター)志和池豊馬(4年=日向)が回り込んで中央へトライを決め、一気に逆転した。

ラグビー 関東大学対抗戦2021

21-14と接戦だが、帝京大が優勢のまま前半を折り返した。後半4分、帝京大は相手ペナルティからショットを選択し、高本(幹)がPG(ペナルティーゴール)成功。後半11分、16分、18分にLO(ロック)江里口真弘(3年=大分東明)、副将CTB押川敦治(4年=京都成章)、NO8(ナンバーエイト)奥井章仁(2年=大阪桐蔭)が3連続トライを決め、攻撃の手を休めることはない。

後半20分にはCTB高本とむ(2年=東福岡)が抜け出すとそのままひとりで走り切りトライ。その後も27分と35分に高本(幹)とPR津村大志(2年=御所実業)がトライを決めてさらに点差を広げる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ