人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月9日

【ハイライト動画あり】明治大学、昨年敗れた慶應義塾大学に勝ち開幕5連勝。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

先制トライを挙げた伊藤

ラグビー関東大学対抗戦。11月3日(水)第5節が行われた。明治大学の相手は昨年度の対抗戦で敗れている宿敵・慶應義塾大学

昨年度は慶大の強烈なタックルに苦しめられた。そこでこの試合ではその反省を生かし、キックを多く用いて敵陣に入ることを重視。「敵陣に入る戦い方をしっかり準備できた」(SH/スクラムハーフ・飯沼蓮主将・営4=日川)。その結果、序盤から立て続けにトライを奪取し46-17で快勝。難敵相手に優位に試合を進めた。

試合は前半4分、マイボールラインアウトを起点に展開すると、SO(スタンドオフ)伊藤耕太郎(商2=国学院栃木)がパスダミーで相手をかわしグラウンディング。「落ち着いて前を見られた」(伊藤)。その後、左CTB(センター)廣瀬雄也(商2=東福岡)がPG(ペナルティーゴール)を決め序盤で10点差をつける。

いい流れで迎えた21分。相手のハイパントキックをFB(フルバック)雲山弘貴(政経4=報徳学園)がキャッチできずトライを許してしまう。それでも24分に廣瀬と、右CTB江藤良(文4=報徳学園)のセンターコンビで突破すると最後はサポートに入った右WTB(ウイング)秋濱悠太(商1=桐蔭学園)がトライ。さらに35分にも伊藤が再び突破すると、最後は左WTB石田吉平(文3=常翔学園)がインゴールに飛び込み前半を24-5で折り返す。

J SPORTS オンデマンド番組情報

後半に入っても勢いは衰えない。開始早々PGを決めると8分にはゴール前のラックから飯沼が仕掛け、タイミングよく走り込んできた石田にパスしグラウンディング。「この練習をしてきたので決まって良かった」(石田)。

22分にもこの2人のコンビネーションでトライ。石田はハットトリックを達成する。さらに終了間際には齊藤誉哉(文3=桐生一)がディフェンスを引き付けると、最後は石田がこの日4つ目のトライ。明大が難敵に相手にトライを量産し46-17で見事対抗戦5連勝を飾った。

POMに選出された福田陸

この試合のPOM(プレイヤー・オブ・ザ・マッチ)は右FL(フランカー)福田陸人(法4=国学院栃木)。「ブレークダウンやターンオーバーを結構したのでそこが良かった」(福田陸)。この試合、FW(フォワード)陣のトライこそなかったものの献身的なディフェンスやボールの争奪、安定したスクラムが明大ペースで試合が進んだ要因となった

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ