人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月1日

【ハイライト動画あり】同志社大学、摂南大学に勝ち1敗をキープ。次節は全勝の京都産業大学と対戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

ジャッカルに成功し、吠える小島

10月30日、鶴見緑地球技場(大阪府)で2021ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第4節、同志社大学摂南大学と対戦した。リーグ優勝に向けて何としても勝たなければならない試合。先制点を許す展開となったが、そこから立て直し、45-5で勝利した。

晴れ空の中、同志社のキックオフでゲームは始まる。負けられない同志社は先に点を取り、楽にゲームを進めたかった。しかし、序盤から相手の猛攻を受け、前に出られない展開が続く。

3分、相手の出足を止めようと、果敢な守りを見せるも反則。ビッグゲインからギャップを突かれ、摂南大に先制トライを許す(0-5)。「外国人選手が走り込んでくる時に、待ったような形のディフェンスをしてしまった」と伊藤紀晶HC(ヘッドコーチ)。大型選手に対応が遅れ、先手を取られた。

しかし、すぐに立て直した。序盤以降は強みである攻めのディフェンスで、自陣への侵入を許さない。敵陣22m付近で守り続け、反撃の時を待った。16分、FL(フランカー)小島雅登のジャッカルで相手にノットリリースザボール。ペナルティを獲得し、スクラムを選択した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

チャンスの場面でのスクラム。ファーストコンタクトで圧倒し、そのまま5mのゲインに成功する。オフサイドのアドバンテージをもらったところでブラインドサイドに展開。SO(スタンドオフ)嘉納一千からボールを受け取ったFB芦塚仁がインゴールに飛び込み、同点に追いついた(5-5)。

同点となり、チームは調子を取り戻した。22分、27分にもセットプレーからトライが生まれ、19-5とリードで前半を折り返す。

後半はBK(バックス)陣が負けじと得点ラッシュを見せる。7分、スクラムでのゲインからSO嘉納が裏へ走り込んだ。相手ディフェンスラインを突破し、ボールはWTB(ウィング)稲吉渓太へ。前節に復帰のトライゲッターが自慢の快走で抜き去り、後半初トライ (24-5)。

その後、猛攻を仕掛けるも反則を取られ、なかなか攻め切ることができない。両者攻め合い、中盤でプレーする時間が増える。沈黙を破ったのはCTB(センター)大森広太郎のランだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ