人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月1日

【ハイライト動画あり】同志社大学、摂南大学に勝ち1敗をキープ。次節は全勝の京都産業大学と対戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

ラグビー 関西大学リーグ2021

【ハイライト】摂南大学 vs. 同志社大学

鋭角に走り込み、同じくCTBの西村海音からボールを受けると、ディフェンスを置き去りに。最後は共同主将のSH(スクラムハーフ)田村魁世へと渡りインゴール中央にトライ。今試合2トライ目を決めた。(31-5)。

今試合2トライの田村主将

続々とリザーブの選手もピッチに現れる中、SO嘉納に代わって入ったCTB倉岡治輝も躍動する。35分、西村海の裏へのパントキックを見事キャッチすると、そのままインゴールへ駆け抜けた(38-5)。38分にはCTB岡野喬吾のダメ押しの独走トライ。最後の反撃と意気込む摂南大に対しても、慎重なディフェンスを見せ、45-5で試合を終えた。

計7トライを挙げ、ボーナスポイントを加えた勝ち点5をつかんだ同志社。この試合で通算成績を3勝1敗とした。ディフェンスラインを突破され、何度かピンチを招いたが、失点を1トライにとどめた。

「ラインブレイクされても全員で守ってターンオーバーまで持ち込み、攻めることができたところが良かった」と共同主将のLO(ロック)南光希。耐え忍んで反撃の時を待ち、チャンスの場面で一気に攻め込めたことが勝因となった。

得点力という面では、CTB西村、大森の3回生コンビの活躍も大きい。今季この2人でのラインブレイクが非常に目立っている。また、POM(プレイヤー・オブ・ザ・マッチ)にはPR(プロップ)山本敦輝が選出された。スクラムで最前列から相手にプレッシャーをかけ続け、ペナルティを誘発していた。攻撃面でも体を張り続け、縁の下の力持ちとしてチームの勝利に貢献。次戦でも躍動に期待がかかる。

次戦の相手は京都産業大学。第4節終了時点で唯一全勝の強敵だ。今後の行方を左右する大一番。次節、親里の舞台で雄たけびを上げるのは紺グレだ。

文/写真:野村大智(同志社スポーツアトム編集局)

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局は1978年に創刊された同志社大学唯一の体育会機関紙です。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などをすべて学生の手で行っています。
公式サイト Twitter→@atom_doshisha

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ