人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月27日

【ハイライト動画あり】明治大学、難敵・筑波大学を破り4連勝。残る3戦に弾みをつける。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

先制トライを挙げ喜ぶ山本嶺

青山学院大学戦、立教大学戦、日本体育大学戦と白星を挙げてきた明治大学。例年よりも圧倒的な勝利を収められなかった明大の対抗戦・第4節は国立の雄・筑波大学との一戦。

毎年、対抗戦終盤を迎えるにあたって、重要な中間地点となる筑波大戦。前戦の日体大戦では勝ちこそしたものの不安の残る結果となったが、今回の試合では序盤から立て続けにトライを連取。テーマを『アクション』と掲げ、終始、ゲームの主導権を握ることで筑波大を圧倒した。53-14と大勝を果たし、対抗戦4戦目を白星で終えた。

試合序盤からエンジン全開だった。前半6分、相手ゴールライン手前のラインアウトから得意のモールに持ち込むと、左LO(ロック)山本嶺二郎(法2=京都成章)が持ち出し、グラウンディング。「あのシーンは試合前からFW(フォワード)全体で共有していた」(山本嶺)と振り返るように、綿密なFWの準備が先制トライに結び付いた。

続く前半13分にも、同じくラインアウトモールから押し込み、HO(フッカー)田森海音(政経4=長崎北陽台)がトライ。「準備していたプレーがしっかりはまってトライまで持っていくことができた」(田森)。重戦車が明大を元気づけていき、その後もトライを重ね、24-0と無失点で前半を折り返す。

迎える後半も終始、明大がペースを維持する形に。後半7分には、崩れたラインアウトモールから飛び出した右FL(フランカー)福田陸人(法4=国学院栃木)が後半の先制トライを奪う。

「スクラム、ラインアウトともにとてもいい出来。リコー(リコーブラックラムズ東京)と練習した甲斐があった」(福田陸)。明大OBも多く在籍しているリコーとの合同練習が強靭なセットプレーを生み出した。

今試合が復帰戦となった雲山

また、44分には、リザーブで入った雲山弘貴(政経4=報徳学園)が空いたエリアへキックパス。反応した左WTB(ウイング)松本純弥(政経4=佐賀工)がそのままトライ。ゲームを決定づけたトライだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ