人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月10日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、序盤のヤマ場・筑波大学戦を1トライ差で勝利。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

試合を通して安定したスクラムを組んだ

秋晴れの青空の下、ラグビー関東大学対抗戦第3節となる筑波大学戦を迎えた早稲田大学。東京・江戸川区陸上競技場で行われた今試合は、手に汗握る拮抗(きっこう)したゲームとなった。

前半は何度か好機を演出したものの、相手のプレッシャーを受け、なかなか点を取り切れない。前半終了間際まで一進一退の攻防が続いたが、ラストプレーでCTB(センター)長田智希(スポ4=大阪・東海大仰星)がトライ。

リードして迎えた後半は、安定したスクラムとBK(バックス)のワイドに展開するアタックで徐々にペースを取り戻し、2トライを追加。スコアを21-14とし、1トライ差で白熱した試合を制した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

試合開始早々、自らの反則から自陣ゴール前まで攻め込まれてしまった早大。堅実なディフェンスでボールを獲得し、素早い展開の攻撃を試みるが、前節でも光った筑波大のブレイクダウンでのプレッシャーを前になかなか敵陣に攻め入ることができない。

しかし、9分にNO8(ナンバーエイト)佐藤健次(スポ1=神奈川・桐蔭学園)が相手を大きく押し返すビッグタックルを見せると、流れは一転。一気に敵陣まで前進し、スクラムでは相手に連続で反則を与えるなど優位に立った。だが、トライまであと一歩のところまで攻め込んだものの、ミスやペナルティを重ねて好機を逃してしまう。

この試合のMOMに選出された河瀬

再び自陣での攻防が続いた21分、今度は自陣ゴール前でFB(フルバック)河瀬諒介(スポ4=大阪・東海大仰星)が相手のこぼれ球に反応し、約80mの独走で大きなチャンスを作る。しかしここでもトライを取ることはできず、前半終了間際まで苦しい時間が続いた。

突破口を開いたのはCTB長田智希。48分に敵陣ゴール前のマイボールスクラムから展開し相手を抜き去ると、この日初となるトライを挙げ、7-0とリードして試合を折り返した。

前半は相手のプレッシャーを前にやや焦りも見られた早大だったが、後半は冷静沈着にアタックを重ねる。「前半、相手のプレッシャーによってできなかった自分たちのやるべきことをまずはやろう」というハーフタイムでの長田の声かけをチームが徹底。グラウンドを広く使い、着実にフェーズを重ねるという春から積み上げてきたアタックでペースを取り戻していく。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ