人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月10日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、序盤のヤマ場・筑波大学戦を1トライ差で勝利。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

ラグビー 関東大学対抗戦2021

【ハイライト】筑波大学 vs. 早稲田大学

5分には敵陣10mラインから河瀬がゲインラインを突破すると、左サイドにいた長田がパスを受け取りグラウンディング。続く14分にも河瀬が追加点を挙げ、点差を3トライ差まで広げた。その後、筑波大の猛攻で2トライを献上したものの、最後は粘り強いディフェンスで守り切り、最終スコアは21-14でノーサイドとなった。

今試合のテーマは『ハード』。堅実なプレーで試合を展開するという点においては良さが見られた。ただ、前節でのテーマであった『アキュラシー』(精度)はどうか。

ペナルティの数は相手より少なかったものの、決定的な場面でのハンドリングミスやラインアウトの精度など、修正できればさらに点差を広げられる場面がまだまだあったのも事実だ。しかし、これまで早大の課題とされてきたスクラムは、試合を通して優勢。攻撃の起点をいくつも作る武器となった。さらに、「コミュニケーションの量が増えた」と河瀬も振り返るように、今日の試合ではFW(フォワード)とBKが互いに鼓舞し合うような声かけも目立っていた。

大学日本一を目指していく中で、今後はより苦しい試合展開も予想される。だが、今日の『我慢して勝ち切ることができた』という経験は必ず糧となり、『荒ぶる』へと前進させてくれるだろう。2週間後に控える青山学院大学戦では、さらに成長した姿を見せてくれるに違いない。

文:塩塚梨子/写真:大滝佐和(早稲田スポーツ新聞会)

早稲田スポーツ新聞会

早稲田スポーツ新聞会

1959(昭和34)年創刊。人気の野球、ラグビーを中心に早大体育会44部をくまなく取材し、年12回の新聞発行およびWebやSNSによる情報発信を行う。現在部員170名で活動。»早スポHP»Twitter»Facebook

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ