人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月30日

ラグビー日本代表、2023年ワールドカップをターゲットにSH流大、FL徳永祥尭が代表復帰

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

代表に復帰した流

9月29日(木)、ラグビー日本代表が秋のテストマッチシリーズに向けて宮崎に集合し、合宿をスタートさせた。

今回は2019年ワールドカップメンバーから2人が日本代表に復帰した。SH(スクラムハーフ)流大(東京サントリーサンゴリアス)と、同大会では試合に出場できず、春の代表期間はケガで外れたFL(フランカー)徳永祥尭(東芝ブレイブルーパス東京)の2人がオンライン会見に出席した。

まず、2019年ワールドカップでは5試合に先発し、日本代表のベスト8に貢献したSH流。春のテストマッチシリーズは辞退したが、その理由を「昨年、夏と秋のテストマッチが中止になって準備したものがなくなって、次はどこを目指していいかわからない時期があった」。

「ワクワク感とか、日本のためにという感情が(昨季は)トップリーグ期間中は少し薄れていた。ジェイミー(・ジョセフHC)と相談し、僕の中で『身体も心も100%でないと代表に参加すべきではない』と伝えたら、『また戻ってくることを楽しみにしている』とのことでした」と説明した。

流は、昨季のトップリーグのプレーオフ決勝が終わってから完全にラグビーと距離を取り、福岡の実家に戻ってゆっくりしたり、新しく趣味となったゴルフをしたりしたという。テストマッチもライブで見ることなく、あとで見たほどだった。

また、オフを取る中で「(コロナ禍で)厳しい状況に置かれている子どもたちがいることも理解していた」という流は、オンラインだけでなくオフラインも含めて、積極的に子どもたちが参加するイベントを企画。

帝京大学の後輩にあたるNO8(ナンバーエイト)姫野和樹ともイベントを行った。「参加者も多かったですし、キラキラした子どもたちがいるのがわかっていた。実際にやってみて良かったし、僕たちも子どもたちと過ごすことでパワーもらえた。やってよかった」と破顔した。

6~7月、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、そしてアイルランド代表戦とのテストマッチを見た感想を聞かれて、流は「9番のポジションで出た選手は良かった」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ