人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月10日

明治大学、3連覇へ向けた初戦。八幡山で青山学院大学を迎え撃つ。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

3連覇に向けチームをまとめる飯沼

優勝劣敗のシーズンへ。いよいよ、ラグビー関東大学対抗戦は9月12日(日)に開幕を迎える。大学日本一に向け、まずは対抗戦3連覇を目指す明治大学。今年度のチームは、今までの明大とは異なるチームカラーが特色となっている。

屈強なFW(フォワード)が押し込めば、タレント性抜群のBK(バックス)がトライを取り切る。これまでの明大で目立ったのは、まとまった才能集団の力。今年度の違いはそこにひたむきな粘り強い姿勢が加わったことだ。

2年ぶりに行われた関東大学春季大会では3戦全勝。招待試合では帝京大学戦で惜敗こそしたが、天理大学戦は接戦をモノにした。全ての試合に共通していたのは後半の強さだった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

春季を通してベンチから出た言葉は『MEIJI TIME』。「前半最後10分間、後半最後の20分間を『MEIJI TIME』と呼んでいる」(SH/スクラムハーフ飯沼蓮主将・営4=日川)。前後半、それぞれで体力の厳しい時間帯にこそ明大の強さを発揮する。後半に走り勝つという今年度のチームカラーを表した言葉だ。部全体で意思統一された言葉は何度もチーム内で飛び交っている。

実際、今年度の明大は例年になくフィットネス練習を重ねた。春季大会が始まる直前まではボールを使った練習よりもひたすらに身体づくりを意識。3年間指揮を執った田中澄憲前監督も「自分がいた中で一番走っているチーム」と退任時に評していた。さらに福島県・Jヴィレッジで行われた夏合宿でも追い込みをかけ、体力には大きな自信がある。

選手自身も共通して、厳しい時間帯には『MEIJI TIME』を連呼。ここまでチームで1つの言葉が浸透しているのは、例年には見なかった姿だ。そして勝負の秋、期待せずにいられないのは4年生の選手たち。

これまではルビコン(Cチーム以下)で下のチームを引っ張り続けてきたNO8(ナンバーエイト)大石康太副将(営4=国学院久我山)。献身性を見せ、春シーズンはケガで飯沼のいないチームを引っ張り続けた。春季大会では東海大学戦で2トライを決める活躍でチームに貢献。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ