人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月10日

明治大学、3連覇へ向けた初戦。八幡山で青山学院大学を迎え撃つ。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

4年生でスタメンを勝ち取った江藤

さらにチームカラーを体現するのは寮長を務めるCTB(センター)江藤良(文4=報徳学園)。今年度からAチームのスタメンを勝ち取った1人だ。「もう1人のCTBとコミュニケーションを取って、相手の嫌なことをしたい」(江藤)。両CTBをこなす器用さを持ち合わせ、唯一CTB陣の中で安定して試合に出場している。

もう1人、今年度からスタメンで活躍するのが左WTB(ウイング)松本純弥(政経4=佐賀工)。今年度は持ち味のスピードに加え、相手を弾くパワフルなランニングで活躍。長野県・菅平での天理大学戦では2トライを挙げ、順調な仕上がりを見せている。ラストイヤーに懸ける4年生がチームをどこまでまとめ上げるのか。最後まで目が離せない。

J SPORTS オンデマンド番組情報

迎える対抗戦の初戦は青山学院大学との一戦。昨年度は82-10と大勝している相手だが、油断は禁物だ。昨年度、青学大は早稲田大学に対して出足の速いディフェンスを武器に善戦してみせた。

9月6日(月)に行われた共同記者会見でも、清水孝哉監督は「ファーストコンタクトのロータックルを強みにしていきたい」と語っており、ディフェンスを強みにしたい模様。今年度のチームも夏合宿で中央大学に勝利し、順調に強化してきたようだ。

注目は高いキック精度を武器にするゲームメーカーのSO(スタンドオフ)桑田宗一郎。さらに左WTBには昨年度、明大から2トライを奪った大村知意も控える。FWは右PR(プロップ)中西翔太郎、右FL(フランカー)小島静也らの経験豊富なメンバーがチームを引っ張る。

FWでは大きく分がある明大。自慢のセットプレーから流れをつくり、得点を重ねていきたい。また夏合宿では手ごたえを感じていたディフェンス面。初戦から完封勝利で自信をつけたいところだ。対抗戦3連覇を成し遂げ、その先の栄冠へ。まずは初戦を制したい。

文:田中佑太/写真:内山嶺、田中佑太(明大スポーツ新聞部)

代替画像

明大スポーツ新聞部

1953年(昭和28年)創部。現在明治大学において唯一の学生新聞部。明治大学体育会43部の競技成績や、学内外の話題を幅広く紙面・WEBサイト上にて掲載、発信。 現在の部員数は56名。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ