人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月10日

早稲田大学、「目標は日本一だけ」。全勝した夏の練習試合をインタビューで振り返る。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

昨季は関東大学対抗戦で2位、大学選手権でも準優勝と、いずれも頂点にあと一歩及ばなかった早稲田大学。『Be Hungry』のスローガンを掲げ、日本一奪還を目指している『Be Hungry』のスローガンを掲げ、日本一奪還を目指している。

夏の菅平合宿では同志社大学、帝京大学、明治大学と対戦。強豪相手に全勝で合宿を終えた。今回は8月22日、28日に行われた帝京大戦、明大戦の試合後の選手インタビューをお届けする。

◯早稲田大学 40-24 帝京大学●

帝京大戦では2トライを決め、好調ぶりを見せた河瀬

◆FB(フルバック)河瀬諒介(スポ4=大阪・東海大仰星)

――試合を振り返っていかがですか

チームとしてコンタクトにこだわって臨んだ試合で、そこにこだわれたので良かったと思います。アタック、ディフェンスともに集中力高く80分間行えたと思うので、締まった試合になったと思います。

――BK(バックス)陣の連携が光った試合でしたが、意識したことはありますか

コミュニケーションを意識して取ろうということは試合前から思っていました。帝京大学さんは特に外側のディフェンスを詰めてくると思っていたので、相手のディフェンスを見ながら、どういうアタックをするのかというところを意識していました。

J SPORTS 放送情報

◆FL(フランカー)植野智也(法3=東京・早実)

――スクラムについて振り返っていただけますか

最初のスクラムで帝京さんに押されてしまって、試合の入りとしてはそこまで良くなかったと思います。しかし、フロントローの3枚が試合の中で修正して、要所要所では良いスクラムが組めたとも思います。この先は一貫性を持って、8人でまとまって良いスクラムが組めたら良いです。

◆CTB(センター)岡崎颯馬(スポ2=長崎北陽台)

――ディフェンスで意識したことを教えてください

接点でまず引かないということと、横とコミュニケーションを取り続けて、絶対にビックゲインをされないように、トライを取られないようにというのはこだわってやっていました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ