人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月19日

ストーマーズをノートライに封じB&Iライオンズが快勝。7・24第1テストに向けチームづくりはいよいよ最終段階に

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

7月7日のシャークス戦ではチーム内の検査で新型コロナウイルス感染者が確認され、キックオフ直前にメンバー23人中8人が入れ替わるという非常事態に陥ったライオンズだが、そうした状況でもできる限りの準備を進め、一丸となって困難を乗り越えることで結束を強めてきた。世界中が注目する24日の第1テストは、その真価を証明するこれ以上ない機会だ。圧倒的なサイズと推進力を武器に2019年のワールドカップを制したスプリングボクスに対しどんな布陣で臨むのか、そしてここまで温存してきたスペシャルプレーをいかに繰り出していくのかも興味深い。

「これからはすべての選手を見ながら次週のスターティングフィフティーンを決定するプロセスに入ります。同時に、誰をベンチに置いてインパクトを与えるかも重要な要素になる。モメンタムを維持するとともに、先発メンバーとは違う何かを加えられるプレーヤーを入れたい。何人かの名前が頭に浮かび始めています」(ウォーレン・ガットランド監督)

この先の国際ラグビーの潮流をも左右する、正真正銘のビッグマッチ。さまざまな想像をふくらませながら、キックオフまでの時間を楽しみたい。

文:直江 光信

直江 光信

スポーツライター。1975年熊本市生まれ。熊本高校→早稲田大学卒。熊本高校でラグビーを始め、3年時には花園に出場した。著書に「早稲田ラグビー 進化への闘争」(講談社)。現在、ラグビーマガジンを中心にフリーランスの記者として活動している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ