人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月4日

「勝てるチャンスはたくさんあった」。アイルランドに惜敗したラグビー日本代表選手コメント

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

アイルランドに惜敗

7月3日(土)、ラグビー日本代表(世界ランキング10位)はダブリンのアビバスタジアムで、アイルランド代表(同4位)と対戦した。

試合は前半から点の取り合いとなったが、後半、ボールを保持やテリトリーで後手を踏んでしまい、惜しくも31-39(前半17-19)で敗れた。2019年ワールドカップから1年8ヶ月ぶりのテストマッチとなったが、強豪と対戦した今回の欧州遠征は連敗で帰国することになった。

ジェイミー・ジョセフHC

日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は「非常にチャンスはありましたが、勝てなかったことはとても残念。良い準備もしたし、入りも良かったのですが、試合に勝てませんでした。レフリーのディシジョンにももう少し対応しないといけない」。

「ディフェンスは常に課題です。相手がキックを多く使ってきたが、今日は比較的上手く対応できた。しかし、自陣22mに入られてしまったときにディフェンスがしっかりできていないと、すぐに相手にゴール前まで迫られて、今日もいくつかトライを許してしまった」と肩を落とした。

リーチ マイケル(右から2人目)

キャプテンのFL(フランカー)リーチ マイケルは「今日は勝てるはずの試合を落としました。いい試合をしたけど勝てなかった。この結果に満足してはいけない。ティア1のチームに勝つためにどうやればいいかを考えて、常に進んでいかなければいけない」と唇を噛んだ。

ただ、リーチ キャプテンは「(2019年の)ワールドカップが終わってから、ずっとテストマッチができない中で、8週間の合宿を経て、ライオンズや、アイルランドのようなティア1のチームにこのようなパフォーマンスをできた選手たちを誇りに思います」。

「これはコーチやスタッフの尽力ももちろんなのですが、2019年から引き続きリーダーグループが、チームの結束を強めるためにオフフィールドでも、ハードワークしてくれたことの表れだと思っています」とツアーを振り返った。

田村優

チームの司令塔として引っ張ったSO(スタンドオフ)田村優は「勝てるチャンスはたくさんあったと思いますが、勝ちきれずに残念です。個人としては久しぶりにテストマッチの舞台で、日本代表のジャージーを着て試合できたことは嬉しく思います」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ