人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月8日

復活のサンウルブズ、ラグビー日本代表に牙を剥く24名のスコッドが決定

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1試合限りの復活となるサンウルブズ(C)JRFU

6月6日(日)、復活したサンウルブズが始動した。さらに8日(火)には日本代表から合流した選手9名と、CTB(センター)鹿尾貫太(ヤマハ発動機)の10名が加わり、12日(土)に静岡・エコパスタジアムで行われる日本代表(JAPAN XV)戦に向けて、急ピッチでチームを仕上げていく。

15人制日本代表ナショナルチームディレクターの藤井雄一郎氏が「とにかく試合時間を長くしたい。(日本代表で出場する)トップの15人はトップの15人で、(日本代表から)サンウルブズに行く選手は、(日本代表の)23名から漏れたのではなく、試合に出したい、出させたい選手がサンウルブズにいく」と話していた通り、8日夜から9名の選手が日本代表からサンウルブズに合流した。

その9名とは、PR(プロップ)北川賢吾、森川由起乙、HO(フッカー)彦坂圭克、庭井祐輔、LO(ロック)長谷川崚太、ヘル ウヴェ、FL(フランカー) ベン・ガンター、SH(スクラムハーフ)荒井康植、WTB(ウィング)高橋汰地の9名で、さらにヤマハ発動機からCTB鹿尾貫太が加わり、「サンウルブズ2021」のスコッドは24名となった。

ラグビーワールドカップ以来、JAPAN集結

そんな「サンウルブズ」とは、2020年シーズンまで南半球最高峰のプロリーグである「スーパーラグビー」で、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンのチームのしのぎを削っていた、日本を本拠地とするチームだった。

2019年日本開催のワールドカップに向け、テストマッチレベルの高いインテンシティーの試合を重ねて、日本代表選手を強化するために、2016年から5シーズン、サンルブズはスーパーラグビーに参戦した。2018年は日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が直接指揮を執り、2019年は日本代表のコーチであるトニー・ブラウンがHCを務めた。

サンウルブズは東京・秩父宮ラグビー場だけでなく、シンガポールでホームの試合を行う必要があり、移動距離は1シーズンで地球3周分に及んだり、トップリーグからの準備期間が短かったり、日本代表と選手が行き来し、追加招集の選手が多かったり、毎年選手の多くが入れ替わるなど、様々な障害がある中でも、スタッフや選手は常に前向きに奮闘し続けた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ