人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月10日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、主導権握れず開幕戦は黒星。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

新型コロナウイルスの影響により、無観客で開催されるラグビー関東大学春季大会。早稲田大学はAグループとして昨年度の関東大学リーグ戦1~3位の大学と対戦する。

初夏にふさわしい快晴の下、東京・上井草グラウンドで行われた初戦の相手は昨年度のリーグ戦王者で、公式戦での直接対決は2年ぶりとなる東海大学。前半はキック差の接戦を制す展開となったが、度重なるセットプレーのミスやペナルティを修正しきれず、春季大会の初戦は26-48の黒星スタートとなった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

前半は一進一退の攻防が続く。序盤は東海大のペナルティから敵陣に攻め込みチャンスを作るが、相次ぐラインアウトのミスで思うように得点につながらない。6分、東海大にギャップを突かれて先制点を献上すると、その後もセットプレーが安定せずボールを思うように保持できない時間が続く。

しかし21分、マイボールから徐々にフェーズを重ね、CTB(センター)長田智希(スポ4=大阪・東海大仰星)のパスを受けたWTB(ウィング)堀尾健太(スポ4=茨城・茗渓学園)がインゴールを駆け抜けると、SO(スタンドオフ)吉村紘(スポ3=東福岡)がキックを決め逆転。

前半トライを挙げた河村

その後も早大はPR(プロップ)小林賢太(スポ4=東福岡)を中心にスクラムで競り勝つなど勢いに乗る。さらに25分にはNO8(ナンバーエイト)田中智幸(政経4=東京・早大学院)がゲインラインを突破し、SH(スクラムハーフ)河村謙尚(社4=大阪・常翔学園)がグラウンディング。

前半はこのままの点差で終わるかと思われたが、終了間際にトライを許し、前半を14-12と2点差のリードで折り返した。

インゴールに向かう相良

後半は開始早々、空いたスペースにキックで攻め込まれる形で、連続で得点を許し、相手に流れを渡してしまう。15分、FW(フォワード)の連携をうまくつないだFL(フランカー)相良昌彦(社3=東京・早実)が敵陣22m付近から走り抜けてトライ。

食らいつく早大だったが、その後もスクラムの反則が起因となりモールでトライ、PG(ペナルティゴール)を決められ、後半残り8分で点差を「22」に広げられてしまう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ