人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月9日

【ハイライト動画あり】福岡堅樹、一閃。パナソニックが準決勝進出。トップリーグ プレーオフトーナメント

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

流れを大きく引き寄せるトライを挙げたパナソニックWTB福岡

引退を決めている希代の韋駄天が輝きを見せた。

ジャパンラグビートップリーグは、5月8日(土)9日(日)に準々決勝が行われ、8日(土)はキヤノンイーグルス(ホワイトカンファレンス5位)とパナソニック ワイルドナイツ(同1位)が埼玉・熊谷ラグビー場で激突した。

最多タイの5度目のトップリーグ優勝を狙うパナソニックは、リーグ戦は負けなしの6勝1分の勝ち点31でホワイトカンファレンスを首位で突破した。近鉄ライナーズとのプレーオフトーナメント2回戦も54-7で圧勝し、ホーム・熊谷ラグビーでの準々決勝へと進んだ。

J SPORTS 放送情報

一方、キヤノンは、開幕から3連敗のあとは徐々に調子を立て直し、ホワイトカンファレンス5位でプレーオフトーナメントに進出。2回戦ではNTTコミュニケーションズシャイニングアークス(レッドカンファレンス4位)を43-13で破り、ベスト8に進出した。

リーグ戦ではパナソニックが47-0と快勝しているが、上り調子のキヤノンが下剋上を起こすのか。熊谷ラグビー場で4,651人の観客が見守る中、午後3:00にキックオフされた。

先制トライを挙げたパナソニックCTBライリー

先手を取ったのはパナソニックだった。前半2分、ラインアウトを起点にCTB(センター)ハドレー・パークスが裏のスペースにショートパントを蹴り、CTBディラン・ライリーがキャッチしてトライ。SO(スタンドオフ)松田力也がゴールを決めて7点を先制する。

キヤノンも8分、SO田村優のPG(ペナルティゴール)で3点を返すが、パナソニックは14分に再びラインアウトから展開し、パスを繋いで左サイドを攻めてLOヒーナン・ダニエルがゲイン。最後はフォローしたSH(スクラムハーフ)内田啓介がトライ。ゴールも決まり、14-3とした。

前半終了間際、NO8マフィは惜しくもトライできず

パナソニックは29分、32分にPGで追加点を重ねて20-3とリードを広げた。キヤノンも前半終了前側に、スクラムを起点にNO8(ナンバーエイト)アマナキ・レレイ・マフィがゴールラインまで迫ったがトライできず、パナソニックが20-3で前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ